Next    犬連れ旅行»
prev « 同人イベント

 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11  All pages

コミケ96お疲れ様でした
2019.08.12 Mon

コミケ96お疲れ様でした。
四日間開催、入場有料化、南展示棟解放、企業ブース青海行きと初の試みが詰まった96でしたが、参加者の皆様は無事に過ごせましたでしょうか。
余談ですが、私が初参加したのはコミケ69です。数字を逆にすると96。
この初尽くしの開催回でそんな数字遊びができるのが何とも感慨深いです(´ω`)
まあそんなどうでもいい情報はさておき・・・

表紙.jpg

一日目は暑い中、当スペースへ足を運んでいただき本当にありがとうございました。
おかげさまで必死に刷った予告本は全て頒布となりました。
当日は体調不良で二時過ぎには撤収してしまい恐縮です。
そして何よりの謝罪は、早割早割とイキっていたのにオフセ間に合わなかった事です。
以下はコピ本に載せられなかった言い訳タイム。。

早割の締切が過ぎ、せめて通常入稿には間に合わせたいとモリモリ描いていた七月の終わり頃、数週間前からずっと続いていた左手小指の鈍痛が突然、突き刺す痛みに変わりました。
激痛で全く動かせません。隣の薬指も動かすと小指に響きます。なので小指と薬指を固定して残りの3本指で作業を続行したのですが・・・
CtrlやShiftと組み合わせるショートカットキーが片手で使えなくなる事態を認識して絶望しました。
これの少し前に愛用のゲーミングマウスが死亡し、古いマウスを取り出しつつ勝手が違うと嘆いていましたが、効率悪化はその比ではありません。
それでもオフセで出したかったので無駄に粘りましたが、途中でもはや割増使っても入稿は無理だと悟り、予告コピー本を目指して出来上がっているページを仕上げる作業に切り替えました。
ただ酷い事に、仕上げ作業が一番ショートカット多用するんですよね・・・
結局出来上がったのは4ページ。(しかも手直し必須のザックリ仕上げ)
正直ストレスでマッハになりそうでした。一か月以上も身心を削ってきたのに、指一本痛めただけでこんな事になるのかと・・・。

尚、痛めた原因ですが、Fキーに人差し指を置くホームポジションを維持しつつ左下のCtrlキーを押す体勢、地味にツライです。
一瞬だけなら特に問題にならないですが、原稿作業中はほぼ常時この形をとり続けるので、それを一か月以上続けると・・・痛めます。
今回に限らずイベントのたびに痛めます。なぜ今回に限って激痛が発生するほど損傷してしまったのかが謎です。
小指を封印してから十日以上経ち、大分マシになりましたがまだ痛みはあります。
もう少し痛みが引いたらリハビリを兼ねつつ冬コミのサークルカット描きたいと思います。

もうこんな事になるのはコリゴリなので、次回の対策としてショートカット設定で同時押しを極力排除し、どうしても必要なものはShiftキーとの同時押しに変更しました。
大幅なキー配置の変更なので、慣れるまで少し時間がかかりそうです。
左手デバイスの導入も検討中です。一応手元には昔買ったTab-Mate Controllerがあるのですが、どうにも慣れなくて埃を被っています。
できればキーを打つタイプのものがいいですね。
絵師の皆様でもしCtrlショートカットが辛いと感じている方がおりましたら、私と同じ目に遭う前に是非対策を・・・っ!
以上、言い訳タイムおわり。

冬は当初の予定通り本文32ページで発行いたします。
そして既刊手直しアップロードも早めに行いたいと思っております。
小指が逝った時はテンション駄々下がりでしたが、今となっては逆に燃えてきました!うおお早く治れ!

コミケ96当落
2019.06.23 Sun

ブログもツイッターもすっかりご無沙汰してしまい申し訳ございません。
コミケ96ですが、有難い事に今回も貴重な頒布スペースを頂く事ができました。
配置場所は、南地区"サ"-07bです。
 
カット.png
 
新設かつコミケ史上初の南展示ホールでサークル参加できるというのは何とも感慨深いです。
そして何とも悲しい事に、艦これ千代田サークルが、ゼロ...!その影響からか、ついに軽空母島と水母島の境界から弾き出されてしまいました。
もっとも今回は色々と初づくめなので、配置担当者様の苦労苦悩を犇々と感じます。
 
今回も新刊を出すべく誠意頑張っております。何とか早割で入稿できるように...。
在庫が無くなってしまった既刊のWEB公開ですが、申し訳ございません、もう少し時間がかかりそうです。
新刊原稿が終わったら一気に片を付ける予定です。夏コミが始まる前までには何とか(汗)

宣伝:しゃみくせん 紅花摘み唄
2018.09.18 Tue

二か月程前に投稿された動画のお話で申し訳ありませんが、本日は宣伝を一つ。
「しゃみくせん 紅花摘み唄」のイラストを描かせていただきました。


しゃみくせんとは口三味線(三味線の音を言葉で表現したもの)を初音氏に歌わせたものです。
紅花摘み唄は山形民謡の一つで、その名の通り山形県名産の紅花を題材にした酒盛り唄です。
そして歌詞に千歳山という言葉があり、ちとちよのイラストを付けたら面白くなるのではないか、という事でお話を頂きました。
私はちとちよを組み込んでくれた事に感動し、快くお引き受けいたしました。
が...予定では一年以上前に完成していたはずなのですが、横に長く膨大な容量のイラストを作成した事が無かったので悪戦苦闘してしまい(横スクロール形式にしようと言ったのは私なので自業自得です)、加えてエキサイティング婆さんの全盛期と重なり影響をモロに受けていた時期なので、結果遅れに遅れてしまいました。
改めましてこの場を借りてキ十郎様にはお詫び申し上げます...

しゃみくせん動画は他にもありますので、ぜひご覧になってみてください。
ちょっと堅いイメージのある三味線ですが、初音氏に歌ってもらうだけでやんわりとした雰囲気に変わって面白いです。

夏コミお疲れ様でございました&冬コミ申込完了
2016.08.16 Tue

遅ればせながら夏コミ参加者の皆様、お疲れ様でございました。
今年は史上最強の猛暑になるとの情報が出ていたので警戒しておりましたが、開催三日間は例年よりむしろ涼しく感じました。
それでもやはり暑い事には変わらず、超絶な人混みの中で当スペースへ足を運んでいただいた皆様には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 
新刊は半端になってしまい申し訳ございません...
自分では結構面白いお話が出来たと思っていただけに、最後まで仕上げられなかったのが悔やみきれません。
恐らく来年になってしまうと思いますが、3号機は必ず完全に仕上げたものをアップロードいたしますので、どうか気長にお待ちいただけましたら幸いです...。
 
 
冬コミは申込済でございます。
 
カットブログ用.png
 
今回も貴重な頒布スペースを頂けましたら、12月29日木曜日(一日目)に配置される予定となっております。
一日目は他に東方・刀剣も配置されますが、このセットはしばらく揺るがないみたいですね。
 
ちとちよ本を描き始めてからはカットに「ちとちよ」と記し続けておりますが、今回の分を描いていて、ふと千代田成分が弱いかな...?、と心配になりました。
私は千歳と同じくらい千代田も好きなのですが、本のタイトルも表紙もカットもずっと千歳をメインに据えているので、もし千代田を目的に来てくれた方がおられたら...と申し訳無く思ってしまいました。
冬コミの表紙では頑張って二人入れてみようかな、と目論んでおりますが果たして上手く描けるかどうか。
漫画の中身では千代田絡みのネタ温まっております。
 
 
最後に、原稿のタイムオーバーにより新刊のあとがきに記せなかった事をいくつか失礼いたします。
尚、ストーリー内容を含みますので、3号機を読まれていない方でネタバレが嫌いな方は、恐れ入りますがスルーをお願いいたします。
 
 ↓↓以下ネタバレ注意↓↓
 
今回で3人仲間が増えました。木曾・長門・瑞鳳です。
木曾は砲雷撃できちんと木曾本が出ていれば、すんなりと加わる流れになっておりました...
4コマでは木曾と千歳をどう絡ませようかと最初こそ悩みましたが、いざ考え始めると予想外にポンポンとネタが浮かんできて驚きました。
 
長門はドロップで出た設定になっておりますが、2-4までの海域で彼女が出るマップはありません。
ゲーム内で不可能な事はきちんと理由を付けるようにしていたのですが、どう頑張っても少ないコマで表現可能な誰が見ても納得できる理由を見つけられませんでした。
提督は資源不足なので戦艦レシピを回すのは無理ですし。
じゃあ他の戦艦にしろと言われそうですが、私が二番目に好きな戦艦が長門なので、どうしても戦艦枠として加えたかったんです...私のワガママで申し訳ありません。
ちなみに一番好きな戦艦はビス子です。ビス子をあの状況で加えるのは流石に不自然過ぎます(涙)
 
瑞鳳も同じく2-4までの海域でドロップしません。
彼女は航空戦力の増加を主張する千代田が、提督に無理矢理回させた空母レシピにより誕生した...という設定でストーリーを考えておりましたが(瑞鳳と千代田が対立した際に「私のおかげで生まれたくせに!」的なセリフを言わせる予定でした)、ページ数の関係で省略してしまいました。
余裕があれば4号機のおまけ4コマで瑞鳳誕生ネタを描きたいと思っております。
瑞鳳について調べていた際に、瑞鳳型として見るとちとちよが妹になる事を知ったときには驚きました。
この事はネタとして今後も十二分に利用価値がありそうです。
ちなみに風呂のシーン、瑞鳳の姿を湯気だけでごまかすのは流石に限界がありますね..。
線画だけでなく本がきちんと仕上がっていればもう少しマシになったかと思いますが、それでも千歳の視力が相当悪くないと普通にバレそうな場面が多々あります(汗)
 
 ↑↑ネタバレ終了↑↑
 
あとがき以上です。
おかげさまで三冊目を発行する事ができた千歳クレーンですが、まだ描きたいネタが沢山控えております。
ネタが完全に尽きるまで頑張りますので、未熟者の漫画で大変恐縮ですが、可能な限りお付き合いいただけましたら幸いです。

コミケ90
2016.08.09 Tue

2016年08月13日(土) 東Q-53b Seaside Shop

21.jpg
 
あと3日でコミケ開幕だというのに、何の情報も出せず申し訳ございません。
例にもれず原稿の修羅場に身を置いておりました。
 
今回はギリギリまで終わる目途が全くたたず、正直落とそうかと何度も思いました。
しかし去年の夏、表紙だけ刷り上がって本文入稿できず、ガッツリ資金を削られた思いを二度味わいたくない...という思いだけがペンを動かし、何とか入稿する事ができました。
線画だけでトーン張ったり等の仕上げができておりませんが、何とか読めるレベルではあると思います。
本当に不甲斐なく申し訳ございません...
機会があればキチンと仕上げたものをアップロードしたいと思っておりますが、冬コミまでは期間が短く、さらに3を上げるなら1と2も一緒に上げたいので(こちらも多少手直しをして)、仕上がった3のアップロードは来年になると思います。
なので仕上がってなくても早く続きが読みたいという方は、是非お手に取って頂けましたら幸いです。
(印刷に割増特急料金が加わってしまった為、一冊でも多く売れると涙が溢れます...)
 
内容はいつも通りのちとちよと、砲雷撃で出せなかった木曾合同誌用の原稿にちとちよ成分を増やして作り直した4コマが加わっております。
本文24P、価格は300円を予定しております。
コミケ二日目に参加をご予定の方でちとちよ島近辺にお越しの際は、是非お立ち寄りいただけましたら幸いです。

 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11  All pages

Next    犬連れ旅行»
prev « 同人イベント
logs     過去ログ
Home   トップページ