Next    ゲーム»
prev « 旅行

 1   2   3   4   5   6  All pages

お別れ会
2018.12.10 Mon

おととい旅立ったクリスティーナの葬儀が終わりました。

葬儀といっても亡骸を焼いて骨を壺に入れて持ち帰るだけですが...
当然、自前でやる訳にはいかないので専門の葬儀屋へ依頼しました。
 
 
話は変わりますが、15年ほど前にも私は飼い犬を亡くしました。
小学3年か4年の頃にもらった中型ミックスの雄で、名はハスキーといいます。(名前の由来は長くなるので省きます)
初めて飼った犬なのでしつけの知識が無く、さらに私自身クソガキだったという事もあり、なかなかヤンチャな奴に仕上がりました。
ある日足を怪我してうずくまっていたので、様子を見ようとした所で左目を噛みつかれた事があります。(幸い瞼を縫う程度で済みました)
序列で言えば明らかにママン>ハスキー≧私と認識していたでしょう。
そんなクソッタレ野郎でしたが、クソガキの私には苦楽を共にしたかけがえのない友であり、あの世へと旅立った際には数日枕を濡らしたものです。
そんなハスキーを弔うため、この時もある葬儀屋に依頼しました。
しかし数年後、選んだ業者を後悔します。
 
2010年4月にニュースで逮捕が報じられ話題となった、埼玉県ペット遺体遺棄事件をご存知でしょうか。
三芳町のとあるペット葬儀屋が遺体処理に掛かる出費を惜しみ、引き取った亡骸を飯能市の正丸峠に不法投棄して荒稼ぎしていた事件です。
 
ただひたすらにご主人様を喜ばせたいという思いを抱き、命が尽きる最期の瞬間まで全身全霊を込めて愛を振り撒いてきたペット達。
ついにその使命を終え、ご主人様より心の底からの感謝を受けつつ最愛の家族の元から送り出されていったペット達。
そんな子達があろうことか、ポリ袋に詰め込まれ、邪魔なゴミとして暗く冷たい山の中に投げ捨てられていました。
当然捨てられた亡骸には虫が沸き、獣に荒らされ、腐臭を放つ酷い状態だったそうです。
被害を受けた遺体の数は100を越えます。そして私のガキの頃の相棒は、残念ながらその中の1つとなってしまいました。
あの日やってきた詐欺師の顔と、白々しく経を読み上げる声は忘れません。
しかし私が憤らずとも、きっと彼には生涯のうちに禍が降り注ぐ事と思います。
 
 
という訳で、大切な家族との最後の別れの場は気が動転していたり費用の問題があったりもしますが、出来る事ならしっかりと選んであげてください。
今回はグーグル検索をもちいて近場で☆5最高評価の、愛心ペットセレモニー埼玉を利用しました。
コースは持ち込みの立会い火葬です。
基本1日1件しか受け付けていないとの事でしたが、この時点で好感が持てます。
予約していた朝9時に現地到着。
 
004.jpg
 
全体的にこじんまりとした火葬場ですが、余計な装飾を施さないことで少しでも安く利用していただきたい、という思いが込められています。
周囲に住宅は無いので余計な心配はありません。
そして受付から火葬まで全て担当のおじさんが一人で行います。
手始めにクリスの特徴を書類に記すのですが、前日に利用された方は深い悲しみからなのか、とても強い筆圧で書かれた文字の跡が残っていました。
簡単な説明を受けたのちに、形見として毛を少量切って袋に入れてくれました。
 
そしてついに炉の中へ...
 
005.jpg
 
包んだ布や箱と一緒に燃やすものだと思っていましたが、綺麗に焼けるようにとの配慮なのか取り出す事になりました。
当然冷たくてカチンコチンに硬直した身体。重さは生きてた頃とあまり変わらなかったです。
眠った後すぐに顔だけ出して包んだので、最後の最後に再び全身を見れた事がとても嬉しかった。
このポーズをとってソファーの上でよく眠ってたっけな...
花を入れて飾りたかったですが、早朝なので買えませんでした。
まぁインドア犬で花には無縁だったし、好物のゆで卵を2個も入れてやったから許しておくれ。
 
焼き時間は80分程と言われたので待合室で待機。
この日は大晦日並みの冷え込みだったので暖房の効いた部屋が嬉しいです。
缶やインスタントですがお茶やコーヒー、お菓子が用意されていて、テレビも完備。
メモリアルグッズのサンプルなども展示してありました。
室内には葬儀場に住みついている黒猫が暖まっていましたが、連れてきたチワワのしんのすけに驚いて出て行ってしまいました。スマン。
 
そうして80分後、焼き上がりの確認をお願いされ炉へ行くと、砂漠で死んで骨だけになってしまった動物のような状態のクリスがいました。
ここが背骨でここが尾骨、シュナウザーだから短いですね。などなど部位を詳しく説明していただきました。
確認を終えると、最後に骨壺に収める準備のため再び待合室へ。
しばらくして呼び出され炉に戻ると、トレーの中には頭蓋骨などの大きな部分はもちろん、米粒大の小さな指先の骨すらも綺麗に整理された状態で並べられていました。
これまでの雑談から動物が大好きなおじさんなんだなぁと感じていましたが、これほど動物の亡骸を細かく丁寧に扱ってくれるものなのかと感動しました。
きっと焼く時もなるべく形を崩さず、かといって焼け残りが無いようにと細心の注意を払ってくれていたのだと思います。
☆5最高評価に納得した瞬間でした。
 
骨壺には下半身から上に向かって入れていきます。もちろんお箸で。
足、背骨、肋骨、前足、そして喉仏を入れ、最後に頭の骨を入れて封をし、カバーを被せてお終いです。
一連の流れが人間と全く同じですね。爺さんの火葬を思い出しました。
 
葬儀の所要時間は2時間半でした。
もし移動可能な距離に住んでいて火葬を必要とする機会が...来るのはとても辛い事ですが、その時が訪れたら愛心ペットセレモニー埼玉を検討してみてください。
安心して任せられる良い葬儀屋でした。
 

スリムアップして帰宅したクリス。
だがしかし、次は安住の地を探さねばならない...
006.jpg

クリスティーナ眠りました
2018.12.08 Sat

002.jpg
 
我が愛犬ミニチュアシュナウザーのクリスティーナが、先程眠りにつきました。
たしか13歳だったと思います。正確な年齢憶えてなくてごめんよ;;
このブログを見返していたら、2006年6月に家にやってきましたと書かれていました。
クリスの状態を見るに生後二か月と思われるので、12年と8か月間、懸命に生きて我々に癒しを与え続けてくれました。
 
愛犬家の皆様へ何らかの参考になるかも分かりませんが、眠るまでの経過を記したいと思います。
流石に来るものがある状態で書いている為、誤字や変な文章があったら申し訳ございません。
 
 

心臓病持ちで薬を飲みつつ過ごしていたクリスですが、昨夜から特有の咳が少し目立つなと感じておりました。

そして今日は引き続き朝から咳が多め。少し嫌な予感はしましたが、咳以外は特に苦しそうな様子も無く、飯も普通に食って過ごしていました。
しかし昼を過ぎると咳の頻度が更に増え、運動もしていないのに呼吸が荒くなり、常に立ち続けて横になる事を嫌がっていました。
舌の色を確認すると少し紫色に変色し、明らかに呼吸困難の状態をあらわしていたので急いで病院へ。
幸いこの日は車が使えたのでスムーズに移動できました。
 
早速診察していただき、レントゲンを撮り確認すると肺は真っ白でした。肺水腫です。
肺水腫は心臓病を抱えている犬に発症しやすい病気です。
うまく心臓を循環できない血液から水分がにじみ出て、肺に溜まってしまいます。
呼吸ができないので命にかかわる状態です。
 
治療としては、利尿剤を用いて水分を尿として排出しつつ、その他の薬で血液循環コントロールを行うそうです。
二時間程経ったらまた来てくださいと言われたので一旦帰宅。
そして一時間半程経った頃に病院から電話で、危険な状態なのでお戻りくださいと言われ急いで戻ると、マッサージ(人工呼吸)を施されていたクリスがいました。
呼吸が停止したらマッサージで吹き返し、を繰り返しているそうです。
以前、横隔膜ヘルニアに陥って死を覚悟してくださいと言われた際も呼吸は弱々しかったですが、それ以上に弱く今にも止まりそうな状態でした。
利尿剤を目一杯投与したものの、尿が排出されないと言われました。腎臓の機能が低下している可能性があるそうです。
 
今ここで出来る全ての事をしたと言われ、夜間緊急病棟への移動を選択肢として提示していただきましたが、犬の蘇生技術も医療器具も無い私が何度も呼吸停止している状態のクリスを運ぶのは無理だと判断し、留まる事にしました。
 
その後、なんと一時は立ち上がり薬を飲む程度まで回復しました。
しかし血混じりの嘔吐をしたと同時に再び容態が悪化。明らかに呼吸数が減り、目も閉じてゆきました。
チューブを入れて延命措置を行う事も可能だが、この子には激しい苦痛が伴うと言われました。
最期の時をママンと弟抜きで私一人で看取るのはどうかと思い少し悩みましたが、もう十分に頑張った。楽にしてあげたい。という思いが勝り、私は延命措置は結構です、と答えました。
 
再び呼吸停止。
引き続きマッサージを行うも反応なし。
医師はマッサージをしつつ私の方に顔を向け、私の目を見て、ある言葉を告げようとしている雰囲気を感じ取りました。
私は即座に悟り、医師からの言葉を聞く前に、自ら一言「有難うございました」、そう告げました。
自分で言うのも何ですが、私は普段からあまり感情を表に出す事はなく、もし身内が死を伴う窮地に陥った際でも感情を押し殺し、冷静に物事を見極めて最善の答えを模索できるであろうと自負しておりました。
しかし涙こそ滲ませる程度にとどめる事ができましたが、この時に私が発した声は自分でもハッキリと分かる程に震えておりました。
 
医師から涙声で「私にとって思い出深いワンちゃんだったので救いたかった」と言われました。
過去に二度大手術を行って奇跡の復活を遂げた事を憶えてくださっていた様です。
他のスタッフの皆様も全員、目を潤ませているのが見てとれました。
動物が好きだからこそペット病院に勤務している方々だと思います。
それでも一患犬の最期に、共に涙を流してくださったのは、とても嬉しい限りです。
 
その後はクリスの身体を綺麗にしてくださり、そのまま葬儀も可能な箱に詰めてくださりました。
そして帰宅です。
 
 
思えば若い頃に横隔膜ヘルニアで片肺を失い、老いて心臓肥大で気管を圧迫され、そして最後に肺水腫と、息を吸う事への試練を受け続けてきたクリスでした。
天国では思う存分、新鮮な空気を吸い込んでもらいたい、そう願うばかりです。
今まで本当にありがとう。またな(*'_')ノシ
 
003.jpg
 

伊東犬連れ旅行2
2018.11.12 Mon

65.jpg
 
伊東犬連れ旅行二日目です。一日目はコチラ
 
 
二日目の午前中は特に行く当ては無かったのですが、子供の頃静岡に住んでいた際に一度行った事のある、「バナナワニ園」という単語が耳に飛んできたのでリクエストしたら通りました。
西洋外国人旅行客の夫妻と背中合わせに美味しい朝食を食べ、荷造りをしていざ出発!
 
たぬきの里から東伊豆を15kmほど南下した所で目的地の熱川バナナワニ園へ到着!
 
24.jpg
 
 
なんとなく見覚えのある懐かしいマーク。
 
25.jpg
 
尚、ペットは同伴不可なのでワンコは車でお留守番です。
バナナワニ園では、その名の通りバナナ(と熱帯植物)、そして世界一の飼育種類数を誇るワニを堪能できます。
温室維持には熱川温泉の熱が利用されているそうな。エコロジィっすなぁ~
 
チケットを買ったら何故かアホガールのちょっとした小物が付いてきました。
どうやら去年の夏にコラボしていた様です。
でも残念ながらアホガールはアニメもマンガも見てないんだ…(。-`ω-)
コラボ期間中は園内に等身大キャラパネルが設置してあったそうな。
 
さて、ここはワニ園、植物園、果樹園の三つで構成されています。
まずゆくは当然ワニ!
ワクワクしつつ入口階段を降りると...
 
26.jpg
 
待ち構えていました。
 
27.jpg
 
デカい。カッコイイ
ですが置物の様にピクリとも動きません。
 
28.jpg
 
↑これはGIF動画です。と言っても通用するレベルで完全に静止しています。
う~ん...動かないな~ちょっと面白くないな~、とか思いながら見つめていた所...突然巨体に見合わぬ超スピードで180度ターンをかまして水に潜っていきました。
全身から冷や汗が出ました。全く動かないと思っていた肉食獣がいきなり眼前で想像を超える速さで動きだしたら、そりゃ驚きますさ!
 
順路に沿って足を進めると、水面から目だけ出してドヤってる奴がいたり、
 
29.jpg
 
 
下から恥ずかしい部分が覗けたり(逆光で真っ黒だ...)
 
30.jpg
 
他にも様々な種類のワニを堪能できました。
 
そして順路の最後はお土産屋へ通じていましたが、その脇にはやっぱり奴がいました。
 
34.jpg
 
もう子供じゃないからやらないヨ(๑╹ω╹๑)
 
 
続いて向かったのは果樹園。
果樹園は分園となっているので、専用のマイクロバスに乗って向かいます。
 
35.jpg
 
 
果樹園にはパパイヤやマンゴー等が植えられています。
もちろんバナナも。
 
36.jpg
 
37.jpg
 
38.jpg
 
思えば私が熟れていない黄緑色のバナナを好むのは、子供の頃にコレを見たからかもしれない。
さすがにここまで青いと苦味渋みが凄そうですけどね。
 
果樹だけでなく珍しい植物も育てられています。
中でも気に入ったのはコレ。
 
39.jpg
 
パフィオペディルム。
一般日本人はまず覚えられないであろうネーミングもさることながら、花のフォルムがいかにも熱帯植物って感じがして目を引かれました。
パッと見は金魚に見えましたが、名前の由来はどうやら違う様です。
 
40.jpg
 
なるほど、言われてみれば確かに羽の生えたスリッパに見えますね。
ドラクエの空飛ぶ靴を思い出しました。
 
さらに進んでいった先の池では、逞しく育った熱帯魚テラピア群を発見。
 
43.jpg
 
42.jpg
 
真っ先に大航海時代オンラインを思い浮かべた私はきっと異端。
海賊の強襲に怯えながらナイル川を下っている時にポコポコ釣れたのでよく憶えています。
コイツは寿司屋等で真鯛の代わりとして利用される事があるそうですが、パチモンではなくテラピアとして一度じっくり食べてみたいものです。
 
その他フラミンゴやレッサーパンダなども飼育されていました。
そしてルートの最後は素晴らしい眺望。
 
44.jpg
 
青い海と緑、最高ですね~。
水平線に薄っすら見えるのは伊豆大島かな?
 
 
といった所で果樹園おしまい。
再びマイクロバスで本園へ戻り、最後に植物園へ向かいます。
 
45.jpg
 
熱帯植物が好きな私はここが一番楽しかった(*´ω`)
 
まずはワニの造形。
 
46.jpg
 
奥の茶色い鳥籠では九官鳥が叫んでいました。
 
草木生い茂るジャングル。
 
51.jpg
 
この景色を見たら多少なりとも探検心をくすぐられるのでは??
 
スイレンゾーン。
 
48.jpg
 
沼地に咲く、素朴とも絢爛とも言えない幻想的な花々。
 
49.jpg
 
このゾーンは蒸し暑さが半端なかったです。
 
オオオニバスゾーン。
 
50.jpg
 
まるでジャングル奥地にある沼地のような雰囲気がたまりませんな~
 
バオバブの木。
 
52.jpg
 
聖剣伝説LOMで装備作成する際の主原料の一つ。。
バオバブは成長すると、悪魔が巨木を引き抜いて逆さまに突っ込んだような形状になるそうな。
気になった人はググってみましょう
 
最後に洋ランゾーン。
 
53.jpg
 
洋ランというと私はコチョウランしか思い浮かびませんが、結構色々な種類があるんですね。
ちなみに果樹園で見た名前の覚えられない空飛ぶ靴も洋ランのひとつだそうな。
 
 
ハイ!といった感じでバナナワニ園制覇です。
全部見て回ると結構な距離を歩いたと思います。
特に植物園は各ゾーンで高低差が激しいので良い運動になりました。
子供の頃以来で訪れましたが、大人になっても、いやむしろ大人になってからの方が楽しめたかもしれません。
伊豆に来た際は是非寄ってみてネ(*'ー')+
 
 
そしていよいよ旅の最後の飯を食いに、沼津港へ向かいます。
海が青くて綺麗だなぁ...
 
55.jpg
 
 
途中渋滞に巻き込まれましたが、なんとか沼津港へ到着。
お店は魚河岸丸天をチョイスしました。
当然ながらワンコはここでもお留守番。許せ...
 
56.jpg
 
ここめっちゃ混む大人気店ですが、渋滞のせいでおやつを食べる時間に迫りつつあったので即入店できました。
四年前の伊豆旅行で一度訪れたお店ですね。やたら元気なおばちゃん健在でした。
 
席に着くなりマグロ血合いがラスイチと言われたのでとりあえずチョイス。
焼き肉のように焼いて食べる様です。
 
57.jpg
 
 
港に来たら獲れたての新鮮な魚を刺身や丼で頂きたい所ですが、私は次に来たら注文しようと決めていたモノがありました。
それがコイツです。
 
58.jpg
 
マグロのテールシチュー。
尾肉を輪切りにして衣を付けて揚げ、デミグラスシチューをかけて仕上げた一品。
前回訪れた際に、後述のかき揚げタワーと共に特許出願中と銘打っていたと思いますが、どうやら無事取得できた様です。
あの時は海鮮丼を頬張りましたが、このテールシチューはいったいどんな味なんだろう...とあの日から気になって夜も眠れませんでした。
ついに心の憂いが取り去られます。
さてお味は...の前にまず皿がデカい。テールもデカい。この一品で満腹になりそうです。
シチューの味は濃厚。よ~く煮込まれています。そして甘い。かなり甘い。魚介エキスも感じます。
テールは硬くなく柔らかくもなく、ほどよい触感です。
途中からちょっと甘さがツラくなってきましたが、何とか完食。
 
丸天に来たらコイツは外せません。
海鮮かき揚げタワー。
 
59.jpg
 
ヤケクソで作ったとしか思えないこのタワーは、衣も含めて魚介の香りと旨味がしっかりと凝縮されていて、そしてとにかくサックサクです。
油はよく落とされているのでガツガツいけます。流石に一人で全部食べたら若干胸やけしそうですが。
ウケ狙いで頼んだら予想外に旨くて、とりこになる人が続出する一品ではないでしょうか。
 
奥の血合いも焼けてますね。血合いは初めて食べましたが、本当に焼き肉を食べている様な触感でした。美味しかったです。
といった感じで昼食おしまい。また来たいですね~
 
 
昼食を終えたらあとは帰還するのみです。
沼津インターから東名高速へ進入し、旅の土産を買うべく足柄SAへやってきました。
 
60.jpg
 
 
足柄を利用するのはものすごい久々ですが、広くてしっかりとしたドッグランがいつの間にやら設置されていました。
 
61.jpg
 
もう全てのSAにドッグランが標準装備されているのでしょうかね。良い時代になったものです。
 
今日は留守番が多くて悪かったな。さぁ存分に遊んでくれ。
 
62.jpg
 
クリスは本当に高い所が苦手だな...
 
 
63.jpg
 
しんのすけは隅っこでモゾモゾしてるだけ。
さすがに疲れてしまったか。
 
さて、んじゃ最後記念にパシャっと撮って戻ろうかな。
クリスこっち向いてくれ~
 
64.jpg
 
...今だ!パシャ!
 
そして出来上がったのが一日目最初の奇跡の一枚であった...(完)

伊東犬連れ旅行1
2018.11.12 Mon

01.jpg
 
真っ黒シュナウザー:クリスティーナ
後ろで気合い入れているチワワ:しんのすけ
 
 
一泊二日でお墓参りしつつ、伊東旅行へ行ってまいりました。
季節は春です。相変わらず間が空いてすみません。
 
まずはお墓へ。関東から東名高速を下り、新東名と分岐する直前のインター御殿場で高速を離脱。目指す場所は冨士霊園
冨士霊園は日本さくら名所100選の一つに選ばれており、さらに霊園というカテゴリで唯一選ばれている場所です。
しかし私はもう10回以上足を運んでいますが、実はここで桜の花を一度も拝んだ事がありません。
(幼少の頃、桜満開の時期に来たという話をチラホラ聞きますが、記憶にございません)
という事でついに桜を堪能できると喜びつつ、霊園発信の開花情報を日々眺めながら楽しみに過ごしておりました。
が...なんと現地入り約10日前に桜満開\(^o^)/
いやー花見の予定を組むのは(私が組んだのではありませんが)なかなか難しいというのが改めて分かります。
出産予定日は来年の〇月△日ですか?よし!ならば〇月△日だけは休みを取っておこう!と言っているのと変わらないですからね。
 
という事で満開から日が経つごとにテンションを下げつつ今日を迎えたワケですが...
 
02.jpg 03.jpg
 
oh...残ってる...!
流石に全盛期と比べるとボリュームは足りないし色もくすんでいる感がありますが、花見として辛うじて通用しうるギリギリ、際(きわ)の際。
そして際の際だからこそ堪能できる事もあります。そう、桜吹雪です。
カメラでは細かすぎて全く捉えられませんでしたが、ステージで大量に撒かれる紙吹雪の如く大量の花びらが宙を舞っています。
今日は風が強かったので、それもまたこの幻想的な空間を生み出している要因となってくれています。
これ程の桜吹雪を堪能する機会は、たぶんもう無いかな...。
満開の時期を逃して心の底から凹んでおりましたが、結果的にとても良いものが見れて満足です。
 
そしてもう一つ驚愕したのは、人と車が半端無く多かった事です。
冨士霊園は桜並木のメインストリートが約1km続いていて、その両サイドに駐車スペースがズラリと設けられている花見に特化した構造ですが、そのほぼ全てが埋まっていました。
子供の頃からこんなに駐車スペースいらんだろうと不思議に思っていましたが、この時期は埋まるもんなんですね。さくらの名所おそるべし。
 
桜吹雪のメインストリート終端をさらに登っていくと墓地区画になります。
こちら側は申し訳程度に桜が植えられていて、墓に用事がある人以外は訪れる事が無さそうです。
おそらくは墓参者が静かに過ごせるようにとの配慮で、意図的に桜の本数を少なくしているのでしょうね。
 
お墓に辿り着いた所でビニールシートを広げてランチタイム。
 
05.jpg
 
風が強くて軽いモノは軒並み吹き飛ばされそうになりました。
最もこの風のおかげで見事な桜吹雪が見られるので邪険にはできません。
 
クリスは積極的に周囲を散策するものの、しんのすけは車の周囲をうろうろして早く帰りたそうな雰囲気。
 
06.jpg
 
そして車の傷が酷い。。
 
墓場の近くの桜は葉が開き始めていました。
花が吹き飛ばされなければ新緑と花のツートーンが楽しめそうです。
 
07.jpg
 
 
墓参りも無事に終わり、最後に再び桜ストリートを堪能して冨士霊園を後に。
次に訪れるのはいつになるかな。
 
 
霊園を南下し、辿り着いたのは箱根スカイラインの長尾峠出入口。
自動車バイク専用の観光有料道路です。
 
08.jpg
 
入る前にちょっとトイレ休憩やら何やら。
脇に看板があったので調べてみると、眺望案内図でした。
 
09.jpg
 
ふむふむ、なるほど...
 
10.jpg
 
...フッジサーンしか分からない。。
 
気を取り直して出発。箱根スカイライン→芦ノ湖スカイライン→伊豆スカイラインと乗り継ぎ、本日のお宿のある伊東を目指します。
スカイラインは結構な金額を取るだけあって、素晴らしい絶景を堪能しつつ気持ちよく走り抜ける事ができました。
途中、芦ノ湖スカイランではタイヤと路面の摩擦を利用して音楽を奏でるメロディーペーブが設置してあるのですが、スピードを出し過ぎたのか全く聴き取れませんでした。
 
そんなこんなで伊東入り。
宿へ向かう前に、道の駅伊東マリンタウンへ寄り道しました。
 
11.jpg
 
ここにはカラフルな建物の飲食店や御土産屋が多数並んでいて、じっくり時間をかけて眺めて回るのも悪くなさそうでした。
残念ながら私は犬の面倒を見ていたので中を覗けなかった...
港にはボートが多数停泊しており、岸辺からは小魚の泳いでいる姿を観察できました。
 
12.jpg
 
波はありませんがユラユラと揺れる海面の様子を、ずーっと眺めていたいと思うのは何故でしょうね。
クリスもいっちょまえに黄昏れていました。
 
13.jpg
 
気の済むまで海を満喫したら、いよいよお宿へ。
 
今回は伊東第一ホテル たぬきの里で宿泊です。
 
15.jpg
 
チェックインを済ませて部屋へ向かう前に、ロビーの端に並べられている色とりどりの浴衣から一着選んでくれと言われました。
私はスースーする服をあまり好まないので浴衣はスルー。女性陣は喜んでいた様子です。
 
お部屋はこんな感じ。
 
16.jpg
 
毎度の事ながら散らかっていてすみません;
次の日の朝食前に部屋を撮り忘れてた事に気付いて慌てて撮ったんだっけかな...。
本当はもっとスワァアっとしてホココッっとした良い感じのお部屋です。
 
ガラス戸を開けて庭を覗くと、犬が遊べる程度の結構広い庭が広がっていました。
 
17.jpg
 
ちなみに部屋は二階(三階だっけかな?)。空中庭園的な感じがして好きです。
残念ながら海からは少し距離があり、周りもマンション等の建物で囲まれているので眺めはよろしくありません。
まぁ犬共は眺めなんてどうでも良いだろうし喜んでくれるだろう。さぁ遊んで来い!と庭に解き放つ。
 
18.jpg
 
19.jpg
 
「中に入れてくれ!放り出さないでくれ!!」と言わんばかりに見つめられました。
インドア犬の極み。
 
一息ついた所でお風呂へ。伊東なので当然温泉です。
大浴場の浴槽はかなり広いと感じました。ただちょっと浅かったかな。
露天風呂も眺めは皆無ですが、風情ある造りでゆったりと過ごせました。
おなじみの馬油ソープ有り。
 
そして夕食です。
 
20.jpg
 
新鮮なお刺身や牛のお肉など大変美味でしたが、何といってもアワビでしょう。
生きたアワビを火にかけて踊り狂う様を眺めつつ、他の食事に舌鼓を打つ。
サイタマではまず体験できない事ですね。海なし県ェ...
当のアワビのお味は磯の香り広がりつつ食べ応えもしっかりあり、至高の一品です。
 
犬用の特製ディナーも頂きました。ちょっとブレちゃった(。-`ω-)
 
21.jpg
 
 
夕食後は飲み足りなかったので、犬を連れつつ酒を求めて伊東の町を徘徊。
湯の町と言うだけあり、飲み屋が所狭しと並んでいましたが、夜も更けていたので普通の店は軒並み全て閉まっていました。
そんな中セブンイレブンを発見。
せっかくだしサイタマでは買えないやつが良いなぁ探してみたら、ありました。
 
22.jpg 23.jpg
 
緑茶房。
『茶どころ静岡県産の茶葉のみを使用。その茶葉と米・米麹を発酵させ、単式蒸留、さらに緑茶の風味を生かすため、すっきりとした麦焼酎を加え、軽快な味わいの本格焼酎に仕上げました。』
 
静岡らしいお茶の焼酎です。
スピリッツはとりあえずロックでやる人間なので最初は氷のみ入れて飲んでみたのですが、あまりお茶を感じられなかったので試しに水で割ってみると、茶葉の香りが増して満足な味に変化しました。
価格は1200円くらいだったかな?手頃で美味しいお酒をまた一つ知ってしまいました。
 
 
といった所で一日目終了。長くなったので分割します。
次の日はコチラへ。

近況報告
2018.09.08 Sat

ご無沙汰しております。武田くろです。
超エキサイティン婆さんの件も一段落しつつあり、また昔のようにぼちぼちと活動しようとした矢先、PCが逝ってしまい出鼻を挫かれてしまいました。
まともに活動していた時期からかなり間が空いてしまったので、僭越ながら近況報告をさせてください。
 
 
夏コミは欠席してしまい申し訳ございませんでした。
誕生日席でホチキスの音を轟かせる気満々だったのですが、前日にどうしても外せない急用が入ってまいました。
サークルチケットは謝罪文と共に準備会様へ返送済みです。
これによりペナルティは緩和されると聞きましたが、最近は新刊を全く出せていないので、冬コミの当選は厳しいものであると覚悟しております...
 
 
先にも書きましたが、PCが起動しなくなりました。
ビープ音からメモリリードエラーであると分かり、メモリの挿しなおしや別のメモリの使用を試みたものの、二度と起動する事はありませんでした。
原稿データのバックアップは取っていたので無事ですが、各種ツールの環境設定が全て無に帰したのがかなり痛いです。
特にコミスタとクリスタの膨大な設定をゼロから自分用にカスタマイズし直すのはウンザリします。
しかしやらねば描けないので、この際コミスタを捨ててクリスタ一本に絞ろうと思いました。
こんな機会でも無ければ一生コミスタでマンガ描くつもりでしたしね。
 
カラーイラストや表紙はクリスタで描いていましたが、マンガとなると勝手が違ってきます。
コマ割りやフキダシなど使った事がない機能を使うたびにグーグル先生にご教授願っております。
概ね慣れればコミスタよりも使いやすいUIだと思いますが、一部機能はあきらかにコミスタから改悪されているのが何とももやもやします。
現在は練習も兼ねつつ、千歳クレーンの既刊をWEB公開できるようにちょこちょこと手直ししています。
冬コミの新刊作業に入る前に何とか使いこなせるようになりたいです。
 
 
うちのミニチュアシュナウザー、クリスティーナが心臓病を発症してしまいました。
心臓が拡張して気管を圧迫し、独特な咳を伴って呼吸を困難にさせている状態です。
現在は薬を飲んで普段通り過ごしております。
根本的な治療は手術しかありませんが、できる場所は限られますし過去に二度大手術を経験した老犬なので、今更過度な負担を強いるのもどうかと思い、このまままったりと余生を過ごしてもらおうと思っております。
 
001.jpg


大雑把で恐縮ですが、以上近況報告でした。
 

那須犬連れ旅行2
2015.11.29 Sun

 
 
2015_11_nas_24.jpg
 
2015_11_nas_25.jpg
 
八ヶ岳で泊まったわんわんパラダイスと同じ、コテージタイプの宿泊施設です。
ここには客室温泉付きのコテージがあり、そちらを取っているつもりでいたのですが、残念な事にこちらの手違いで、温泉無しスタンダードタイプのコテージとなってしまいました。
温泉の名所、那須まで来て温泉に入らないで帰る事になるとは...(´・ω・)
 
気を取り直して、今回の寝床コテージ。
 
2015_11_nas_28.jpg
 
このコテージは4つに区切られていて、我々は右上のルームです。
二階なので眺めは良いのですが、階段が犬の嫌がる段差に隙間が空いているタイプになっており、案の定、昇り降りが大変でした。ここは是非改善して欲しいですね。
 
お部屋は...すみません、しっかりとした写真を撮り忘れて、こんなのしかありません;
 
2015_11_nas_29.jpg
 
冷蔵庫とカップ、加湿器、ストーブが配備。寝室は全てベッドです。
サービスで犬用の特製おやつ(肉ビスケットの様なもの)と、特製の消臭剤が置いてありました。
おやつはもちろん、消臭剤も使い切れない分はお土産にお持ち帰り可能です。
ちなみに消臭剤が無くても、建物に備わった強力な脱臭設備により、臭いは瞬く間に消滅します。
人間がトイレでう○こしても、臭いは5分以内に消え去りました。
全体的に目立った汚れ等も無く、今まで泊まってきたペットホテルで一番の清潔感を感じました。
木々に囲まれているので、この時期は景色も素晴らしいです。(朝に撮ったので窓に水滴が...)
 
2015_11_nas_30.jpg
 
建物は宿泊用コテージの他に、フロント兼レストランと売店があり、ドッグ用品が揃っていました。
尚、爪切りが欲しかったけど無かった...
入口の看板には、お泊り犬種ランキングが掲示してありました。
 
2015_11_nas_31.jpg
 
こういうのを出してくれると面白いですね。
でもM.シュナは略し過ぎです(涙)
 
 
──お楽しみの夕食。
 
2015_11_nas_32.jpg
 
コース料理ですが、すみませんデザートの写真しか撮れていませんでした。
シンプルに調理されたスイートポテトとアイス。すごく甘かったです。
甘味は他に冷凍されたカット林檎をいただきました。素材が良いから出来る調理法ですね。
前菜やメインディッシュもとても美味しかったです。(眠気MAXだったので何食べたか忘れました...)
そして焼き立てパンおかわり自由。尚、パンのおかわり無しで、私には丁度良い量でした。
別途注文したイタリア赤ワイン「イ ムリ」が、甘口でしたが美味しかったです。
買える機会があればまた飲みたいですね。
 
夕食の後は、近場に温泉無いかなーと見て回りましたが、どこも営業時間終了でした。
結局コンビニでお酒買って撤収。
 
 
──朝
寒い中、ホテル敷地内を散歩。
 
2015_11_nas_26.jpg
 
 
枯葉の絨毯が気に入った様です。
 
2015_11_nas_35.jpg 2015_11_nas_34.jpg
 
 
地面にはどんぐりがいっぱい。
 
2015_11_nas_36.jpg
 
 
敷地内にも素晴らしい紅葉が広がっていました。
 
2015_11_nas_37.jpg
 
緑・黄・赤のグラデーションが最高ですね。
ここ数年まともに赤い葉っぱを見ていなかったので、素晴らしい目の保養になりました。
気の済むまで景色を堪能したのち、朝食を食べてホテルを発ちました───
 
 
特に目的地も無いのでとりあえず那須ロープウェイの方向へ。 
途中、いくつか観光地的な所を見つけては寄り道。 THE・無計画。
 
まずは殺生石を拝見しました。
車を停めて道を進むと、千体地蔵が出迎えてくれます。
 
2015_11_nas_38.jpg 2015_11_nas_39.jpg
 
こういった場所ではよくお金が撒かれていますが、景観が損なわれるのであまり好ましくありませんね。
しかも胸元に張り付けてあるのは1円だし。逆に祟られますわ。お金はちゃんとお賽銭箱に入れましょう。
 
そして殺生石。
 
2015_11_nas_40.jpg
 
ここまで来ると強い硫黄の匂いが広がり、温泉に入れなかった悔しさが蘇ります。
付近一帯には硫化水素、亜硫酸ガスなどの有毒ガスがたえず噴出しており、
鳥獣がこれに近づけばその命を奪う、殺生の石、だそうな。(wikiより)
石(というより岩)と硫黄の香りを満喫し、戻る時は温泉神社の方から。
 
2015_11_nas_41.jpg
 
散歩には丁度良い。
この先を進むと神社がありますが、写真を撮り忘れました。
我々の他にも犬連れの方がいましたが、そのまま神社の建物内に入ろうとして止められていました。
常識的に考えて犬が入れないのは分かるハズなのに、なぜなのか。。
 
参道は煙モクモク。何かの儀式でもやっているのかと思ったら、落ち葉を焼いているだけでした。
焼き芋やりたい。
 
2015_11_nas_42.jpg 2015_11_nas_43.jpg
 
 
車に乗り込み、次に寄ったのは恋人の聖地、那須高原展望台。
 
2015_11_nas_45.jpg 2015_11_nas_47.jpg
 
少ない駐車場に記念碑と特殊なベンチがあります。
殺生石からここまで山道が通っていて、車道を登るより短い距離でたどり着ける様です。
下を見下ろすと先程の神社などが見えました。
右画像、ベンチのレンガの隙間から夜景に浮かぶピエロが見えたら、そのバカップルは結ばれるそうな。
ペアで来なければ、単なるの見晴らしの良い場所です。
 
 
クネクネの車道をさらに登り、那須ロープウェイを通り越して最後にあるのは峠の茶屋。
広い駐車場とトイレ、少し登ると土産屋と食堂があります。
店のおばちゃんがやたらと飲食物を勧めてきてちょっとウザかった。
ここまで徒歩で登ってきたら飲み食いしたくなりますが、残念ながら車なんですわ...
 
尚、ここから見られる紅葉が絶景らしいですが、残念ながら霧でほとんど見えませんでした。
でもこれはこれで好きです。
 
2015_11_nas_49.jpg
 
これにて山登りおしまい。無計画でも意外と楽しめました。
来た道を下り、帰路へ。最後に那須ICの手前、チーズガーデン 五峰館へ寄りました。
 
2015_11_nas_50.jpg
 
その名の通り、チーズに関する様々なお菓子やおつまみが売られています。
ここの目玉商品は、御用邸(天皇陛下の別荘)の名を冠するチーズケーキ。
とても濃厚で甘味も良く、値段が手ごろな割に高級感を感じる一品でした。
ちなみに後日ググると、このケーキは「皇室御用達!」「御用達ではない」と二つの意見がネット上に散見。
公式サイトではそれらしき文章が全く見当たらないので、恐らく名前だけ借りているのでしょうね。
美味しければどうでもいいや+.(´・ω・)゚+.゚
 
 
最後の最後に佐野SAにて、来るときに食べられなかったラーメンを頂きました。
ちなみに私は長ネギが苦手なので抜いてもらってます。
 
2015_11_nas_51.jpg
 
ニュータッチの佐野らーめん(凄麺)が好きで良く食べていましたが、やっぱり本物は違いますね。
絶妙な縮れ麺に最後まで飲み干せる澄んだスープ、至高でした。
 
 
──そして帰宅。
那須はサイタマからそれほど遠くもなく、お洒落なリゾート地として実に楽しめました。
機会があれば是非また行ってみたいですね。冬の雪景色も良さげです。
 
長々と見ていただき、ありがとうございました。お疲れ様です。
 
2015_11_nas_52.jpg 2015_11_nas_53jpg.jpg
 

那須犬連れ旅行1
2015.11.29 Sun

2015_11_nas_01.jpg 2015_11_nas_02.jpg
← チワワ:しんのすけ  ミニチュアシュナウザー:クリスティーナ →
 
 
誰もが知っているであろう有名リゾート地、那須へ行ってまいりました。今回は純粋な観光です。
時期は今年の11月、やっとリアルタイムな記事を書く事ができました。
 
 
朝はクッソ混む大宮とその周辺一帯を抜けて東北自動車道へ。
少し走った後に、ひとまず佐野SAで小休憩。
 
2015_11_nas_03.jpg
 
ここは上りと下りの施設を徒歩で移動できたり、宿泊施設があったりと非常に珍しいSAです。
ドッグランも有り。最近設置いてある所が多いですね。
 
2015_11_nas_04.jpg
 
2015_11_nas_05.jpg
 
ちなみに佐野と聞くと東京五輪パクリロゴの人、もしくはラーメンを思い浮かべる人が大半だと思います。
まだ午前中でお腹も減っていないので、今回ラーメンはスルーです。(帰路で食べます)
 
 
──佐野をあとにし、那須IC手前の黒磯PAで再度休憩。そしてついに那須入り。
時間は13時を過ぎており、お昼ご飯には丁度良い頃合となりました。
那須の森の中はお洒落なレストランが点在していて、見ているだけで楽しいです。
しかし見ているだけではお腹は膨れないので、とりあえず道の駅、那須高原友愛の森へ。
そこには「なすとらん」という名の、これまたお洒落なレストランがありました。
意気揚々とお店へ、そして順番待ちをしている多くの人々を目にし、その場を去りました...
 
もはや車に乗り込んで移動するのも面倒なので、近くに何か店は無いかと探した所、なかなかに年季の入った建物の蕎麦屋を発見。
 
2015_11_nas_07.jpg
 
店内に入ると、おじさんが勢いよく「いらっしゃい!」と掛け声を上げ案内しに来ました。
蒔きストーブがパチパチと音を鳴らし、外では水車がカラコロと音を立て、落ち着いた雰囲気を感じます。
 
2015_11_nas_08.jpg 2015_11_nas_09.jpg
 
私が注文したのはうどん。
 
2015_11_nas_10.jpg
 
温かいつゆにはネギがたっぷり!ちなみに私は長ネギが苦手です。抜いてもらえばよかった。
うどんは見ての通りペラッペラです。この形状の麺は極稀に見かけますね。名前は忘れました。
 
2015_11_nas_11.jpg
 
うどんは正直イマイチでしたが、(ネギを抜きにしても、冷たい麺と暖かいつゆが合わさり生ぬるく...)
奥の大きい油揚げはサクサクで食べ応えがあり、とても美味しかったです。
この玉梨とうふ茶屋は、名物でおからドーナツというお菓子を作っています。
今回は注文しませんでしたが、ネット上では甘さ控えめでサクサクホクホクと評判は良い様です。
 
 
──お腹も膨れて次に向かったのは、南ヶ丘牧場
 
2015_11_nas_12.jpg
 
入場無料、犬入場OK。
 
2015_11_nas_13.jpg
 
牧場特有の臭いが動物好きにはたまりません。
乗馬用の馬とロバ。クリスマスが近いからか、一頭はサンタ帽でお洒落していますね。
 
2015_11_nas_14.jpg
 
マネーを支払えば乗せてくれます。柵で囲まれた道をゆったりのんびり。
 
2015_11_nas_15.jpg
 
その他、羊や兎と触れ合ったり、アーチェリーやパターゴルフを堪能する事もできます。
全て有料ですが、見るだけならタダ(*'_')
 
2015_11_nas_16.jpg 2015_11_nas_17.jpg
 
 
──牧場を堪能し、次に向かったのは藤城清治美術館
藤城氏は影絵のプロフェッショナルで、ケロヨンの原作者でもあります。
 
2015_11_nas_18.jpg
 
館内に入る前に、まず庭の見事な紅葉に目を奪われました。
 
2015_11_nas_19.jpg
 
2015_11_nas_20.jpg
 
生で見ると本当に綺麗なのですが、今日は曇りでさらに日も暮れ始めているので、写真がくすんでしまいますね。なんか悔しいので、強引にフォトショで補正。
 
2015_11_nas_21.jpg
 
庭には他にライトで装飾が施されている所もあります。
真っ暗な夜に見れたら最高でしょうね。
 
2015_11_nas_22.jpg
 
館内は藤城氏の見事な影絵が多数展示されていました。
機械仕掛けの影絵や、水面に投影する影絵など、一風変わった展示も有り、想像以上に楽しめました。
当然ですが館内は撮影禁止なので画像はありません。
那須に訪れた際は、是非足を運んでみてください。
 
 
──この後は寝床へ。
長くなったので一旦区切ります。 →つづき

浜松犬連れ旅行
2015.11.24 Tue

2015_3_siz-(66).jpg
黒:ミニチュアシュナウザー:クリスティーナ  白:チワワ:しんのすけ
 
浜松へ行ってきました。時期は半年前、今年の3月です。
ちなみに今回は契約で静岡に用事があったので、ガッツリ観光へ行った訳ではありません。
単にお宿が浜松だったというだけですが、一応旅行という事で参考になれば...。
 
 
早速お宿のご紹介。
今回はペット同伴専門宿 ペロはまなこへ泊まりました。
 
2015_3_siz-(41).jpg
 
ドッグランは当然完備。プールも備わっていましたが、流石に3月は封印されていました。
お部屋はウッディーなデザインで、ワクワク感と安心感を感じます。ロフト有り。
 
2015_3_siz-(44).jpg
 
2015_3_siz-(48).jpg
 
 
そしてこのお宿は浜名湖の真横に構えており、素晴らしい絶景が堪能できます。
この日の早朝は、朝日と富士山を同時に見る事ができました。
 
2015_3_siz-(38).jpg
 
富士山はかなり空気の澄んでいる日にしか見られないそうな。
凍える寒さでしたが、珍しいモノが見れて良かったです。
 
今回はB&Bなので食事は朝のみでしたが、浜名湖名産の魚を使っているのか、とても美味しかったです。
朝食中に何気なくブラインドを開けて外を眺めると、強烈な日差しと共に再び絶景が広がっていました。
 
2015_3_siz-(52).jpg
 
素晴らしく青々しいです。
たった数時間でこれほど表情が変わってしまうんですね。
ちなみに写っているのは、お宿管理人のワンコ。
 
チェックアウト後は記念にポラロイドを一枚撮って頂きました。
 
 
──そして帰路へ
 
東海地方からサイタマへ帰る時は、いつも東名から首都高を通って北上していましたが、今回は出来立てホヤホヤの海老名JCTから圏央道を北上してみました。
当時は東名と圏央道が繋がってまだ二週間しか経っていません。
ワクワクしながらJCTに接近。そして...全く進んでいない車列を見て一気に疲労感に襲われました。
なんとこの海老名、欠陥設計により高速渋滞ワースト1の記録を立てる程のクソJCTだったのだ!
尚、このクソJCTは最近改善された様です。二車線化は無理だろうと思っていましたが、強引に。
ですがもう静岡の要件は済んだので、ここを使う機会はあまり無いと思います。
 
さて長い戦いの末に欠陥JCTを越え、疲労を軽減すべく厚木PAへ入りました。
 
2015_3_siz-(73).jpg
 
2015_3_siz-(77).jpg
 
圏央道は走った事がなく、当然厚木PAも始めてです。
このPAも築2年と比較的新しく、純和風の落ち着いた雰囲気を醸し出していました。
 
トイレも徹底して和のデザイン。写真撮りたかったですが、人の出入が多くてコレが限界。
 
2015_3_siz-(75).jpg
 
外の奥の庭には笹の葉に囲まれたお洒落なベンチがあり、ワンコと休憩するのに丁度良かったです。
このPAは心身共に癒される素晴らしい施設でした。
 
 
──そして帰宅
ちなみに欠陥JCTに捕まった時間を入れても、首都高を通るより早く家にたどり着けました。
そもそも制限速度が基本40km違いますし、首都高自体が渋滞多いですからね。
改善された海老名JCTであれば、さらに時間を短縮できると思います。
あと2年早く繋がっていれば色々と捗ったなぁ(´ω`)
 
お疲れ様でした。
2014_siz-(25).jpg
 

伊豆犬連れ旅行
2015.11.23 Mon

2014_siz-(1).jpg
ミニチュアシュナウザー:クリスティーナ(下)  チワワ:しんのすけ(右上)
 
書こう書こうと思いつつも後回しにしていたら、いつの間にか一年が経ってしまいました。
去年のお話なので鮮明に覚えておらず恐縮ですが、犬連れ旅行の参考になりましたら幸いです。

 
時期は2014年10月、この月は台風18号と19号が日本を横断していきました。
そのうちの大きい方、スーパータイフーン19号と共に一泊二日の静岡犬連れ旅行。
 
まずは昼食を食べに沼津港へ。
台風接近に伴い、禍々しい雰囲気が感じられます。
 
2014_siz-(6).jpg
 
ドッグスは車内で待機していただき、お食事処の立ち並ぶ通りへ。
今回選んだお店は魚河岸 丸天。
残念ながらお店と食事の写真を撮り忘れました;;
入れるまでに20分程待った気がします。このお店に限らずどこも満杯。
いかに昼時とはいえ、この港は台風なんぞ無関係な様です。
 
お店の名物は、そびえ立つかきあげ。
写真を撮り忘れてしまったので、恐縮ですがグーグル先生の画像をご参考ください。
そのインパクトゆえ手が出し辛いですが、モノが良いのでしょうね。
仲間のモノを軽く摘みましたが、サクサクで味もしっかりしていてとても美味しかったです。
他にまぐろのテールシチューというのも気になりました。しかし私が選んだのは海鮮丼。
港の新鮮な魚を使っているので、美味しくないワケがないですね。
 
 
腹が満たされたら港を出発。
このままホテルへ直行する予定でしたが、道中で発見した恋人岬へ寄り道しました。
恋人岬の駐車場で車を降りると、すぐにスマホへ緊急のエリアメールが着信。
「台風が近づいてるのにそんな所に居んな阿呆」的な内容でした。
エリアメールは地震速報以外で受信した事が無いので、無駄に感動しました。
 
海を眺めるには、緑道を進むことになります。
その入り口には、ここへ訪れたカップル達が、思いを込めて吊るした鍵付きプレートが並んでいます。

2014_siz-(11).jpg

台風で全て吹き飛べ。
 
緑道はそこそこの長さとそこそこの勾配。犬の散歩には丁度良いです。

2014_siz-(12).jpg

途中で分かれ道があり、一方は愛を呼ぶ鐘へ、一方は海が良く見える富士見台へ続きます。
この日は残念ながら富士見台への道は、工事中の看板と共に封鎖されていました。
というわけで愛を呼ぶ鐘一択。

2014_siz-(13).jpg

知らない人が周りに居たら流石に単身で触れられませんが、この日は台風接近。
身内以外誰も居ないので、意味もなく高らかにゴンゴン鳴らして去りました。
 
 
今回泊まる所は、きがるな・・宿、シーガル
 
2014_siz-(24).jpg
 
青空を見れば一目瞭然ですが、台風の過ぎ去った翌日の写真です。
ちなみに完全貸切状態でした。最悪の天候でもメリットは存在する様です。
 
西伊豆に構えるお宿。もちろんワンちゃん宿泊可。
残念ながら宿から海は見えませんが、南国スタイルのオシャレなインテリアは
見ているだけでワクワクします。
 
2014_siz-(18).jpg
 
2014_siz-(16).jpg
 
素晴らしい空間の中で散乱しているのは我々の荷物...。
この奥がお食事処となっております。
 
お部屋。
 
2014_siz-(15).jpg
 
 
まずは旅の疲れを癒すべくお風呂へ。
浴場は温泉施設と比べると流石に見劣りしますが、湯は紛れもない温泉です。
とても気持ち良うございました。
山梨と箱根の宿泊施設にあった馬油シリーズがここにも置いてあった(*´ω`)
 
そして待望のお食事は──
1年前の事なので、何を食べたのか忘れてしまいました(つд`) せめて写真が残っていれば...
しかし素晴らしい料理の数々が、フードファイトばりに出てきた事は憶えております。
後半のライスは誰も全く手が出せませんでしたが、なんと夜食用におにぎりを作っていただきました。
こういった心遣いは実に胸に沁み込んできます。
 
夜には暴風雨が最高潮に達していました。
たまには吹き荒れる外の景色をじっくり眺めるのも良いものです。
普段自宅で台風に遭遇しても、余程の事が無い限り外なんて見ないですからね。
 
 
──翌日
朝、犬を連れて少し歩くと駿河湾が一望できた様です。(私は寝てました)
チェックアウトする頃には、台風で損傷した箇所を修復すべく職人達が頑張っていました。
朝食を食べて、お土産を買って(宿の入り口に素敵なグッズが沢山並んでいます)出発。
 
この日は観光ではなく売地の草むしりという地味な作業がメインだったので割愛。
静岡ご当地ファミレス五味八珍にて昼食を取り、帰路に就きました。

山梨・箱根犬連れ旅行2
2013.09.09 Mon

前回の続き、静岡旅行二日目。
わんパラを後にし、諏訪湖が近いので諏訪大社へ巡礼に行きたい所でしたが、一般人を連れて行くのも忍びないので(ノーマルな方でも十二分に楽しめると思いますが、何だか、ね...)
向かった先はサントリー白州蒸留所
本当は甲州ワイナリーに行くつもりでしたが夜にワインをイヤという程飲んでしまったので、コテージに備えてあったお勧め観光スポットよりチョイスしました。結局酒(*╹◡╹*)
 
253_1.jpg
 
次の日に必ず胃が爛れるので最近は控えていますが、ウイスキーはもちろんジンやウォッカ・ラム等度数の高いお酒をよく飲んでいたので蒸溜にとても興味があり、どんな見学ができるのか近づくにつれワクテカが止まりません。
 
白州蒸留所は「ウイスキー白州ブランド」の他に「南アルプスの天然水」の製造所もあり、お酒が苦手な人でも楽しめます。
が、ツアーの時間が合わず今回はウイスキーのみの見学となりました。
敷地内は工場見学専用のバスが頻りに走り回っているので素早く移動する事ができ、専属のガイドさんも付いてくれます。
流石は大手メーカーの工場ですね。
中に入るとウイスキーの香りで満ち溢れていました。
 
253_2.jpg
 
253_3.jpg
 
下画像の巨大樽上部は透明なガラス張りになっており、モワモワと泡立ち発酵している様を見る事ができます。
じっくりと見たい所でしたが、この発酵部屋の室温は半端なく高かったので早々に撤退。
この前の猛暑では40度を軽く超えていたそうな...。
 
一通り見学が終わったらお待ちかねの試飲タイムです。
カウンターで三人のバーテンが手慣れた手付きで作るウイスキーグラスを、ツアー参加者が次々と持ち運んで行きました。
始めに白州のハイボールを、次に白州12年のハーフロックを提供され、その後はフリーで好きな様に頼めました。
我々は3杯目に白州のストレートを注文。
尚、12年よりも白州の方が口に合う人が多かったです。樽の香りが苦手な人はそうなってしまいますね。
ウイスキーの他には南アルプスの天然水と、ブランドは忘れましたがサントリーのオレンジジュースを頂けました。
15分程で試飲会は終了し、強制退室となります。
 
その後は土産物屋を覗いて終了。
ウイスキーボトルが物凄く欲しかったのですが、ちょっと高くて手が出なかったです;;
 
253_4.jpg
 
 
この後は御殿場のパパンの墓を参り、箱根のお宿へ。
今日のお宿はGUAM DOG!
 
253_5.jpg
 
南国を連想させるグァムという名が付いておりますが、お部屋は畳の宿となっております。
なんと言っても箱根というだけあり、本格的な白濁の源泉かけ流し湯が堪能できます。
ただしお湯が非常に熱いので(熱いお湯が好きな人でも厳しい)、水を少し足して温度を調整する必要があります。

お料理は腕によりをかけたモノが食べきれない程出てきました。

253_7.jpg 253_8.jpg
 
わんちゃん用の食事もありますが、こちらは事前に予約が必要。
テーブルマットには愛犬の写真を入れてくれたりと芸が細かいです。
 
253_6.jpg
 

屋外にはドッグランを完備。二階の客室廊下から直接行けるのでラクです。
難点は全室禁煙で、喫煙所は外にしかないので夏に行くと蚊などの虫に非常に悩まされます。
それと売店は無く自販機が設置してありますが、缶ビール500mlが600円、缶ジュースは200円と手が出し辛い価格です。
山を3km程下るとコンビニがあるのでそこで調達したいところですが、持込が禁止なので厳しい所です。
まだ出来たばかりの旅館で色々と試行錯誤している段階だと思いますので、この辺は是非とも改善してもらいたいですね。
 
従業員は皆とても暖かい方々で、犬が大好きだというのがとても良く伝わってきました。
それゆえの外喫煙なのでしょうが...辛い;;
ちなみに宿泊するとこんな感じでサイトに愛犬が掲載されます。
思い出を大切にする良い宿でした。
 
 
 
三日目、まずは芦ノ湖へ。
パイレーツシップを眺めました。
 
253_9.jpg
 
時間が合わず乗れませんでしたが、ケージ・バギーを用いて愛犬も一緒に乗船が可能です。
ちなみに湖は泳ぎたいぐらい丁度良い水温でした。
目を凝らすと小魚が沢山泳いでいて、波の音と合わせて見ているだけでも飽きません。
 
その後は静岡の死んだ爺さん家で草むしりをして帰路へ。
新東名は所々汚れが目立ち始めていましたが、流石に時速140㌔走行想定道路は走り易かったです。
一年振りにやってきた駿河湾沼津SAは相変わらずの超混雑でした。
 
253_10.jpg
 

途中御殿場で事故渋滞に巻き込まれたものの、それ以外は比較的スムーズに流れ、無事に帰宅致しました。
この三日間は普段の三分の一程度の時間しか睡眠できていないであろうワンコ共は、即刻夢の中へ...。
 
253_11.jpg
 
とても充実した犬連れ旅行となりました。

山梨・箱根犬連れ旅行1
2013.09.09 Mon

二泊三日の静岡旅行へ行ってまいりました。
正確には静岡とその周辺(山梨・長野・神奈川)。
犬連れ旅行の参考になれば幸いです。
 
~ 自己紹介 ~
黒(クリスティーナ:ミニチュアシュナウザー♀) 白(しんのすけ:チワワ♂)
 
埼玉→静岡周辺を目指し、中央自動車道を用いて初日は半日車移動。
八ヶ岳付近で高速を降りたら山梨名物ほうとうを食し、滝沢牧場へ向かいました。

252_1.jpg 252_2.jpg
 
乗馬体験や乳搾り、トラクター遊覧車で牧場を回れたりしますが、それほど観光地ィ~といった感じでは無く、のどかでまったりとした良い牧場でした。とにかく空気が澄んでいて美味しかったです。
搾りたて牛乳を使った手作りアイスクリームが有名らしく、皆美味しそうに食べておりました。
私も食すべく売場に入りましたが、前に並ぶ家族連れが超遅かったのでめんどくさくなってやめた(´ω`)
ちなみにこの牧場はリード付きでわんこも一緒に入れます。専用の洗い場もあり、犬連れに優しい牧場でした。
 
頭にCRは付かないし、SANYOが運営している訳でもないのであしからず。
 
252_3.jpg

お宿はとても素敵なコテージです。

252_8.jpg
 
252_9.jpg 252_10.jpg

荷物が散らかっていて見苦しい点はご了承を...。
8人連れなので4人用を2軒借りました。片方は二階建て、片方は一階建て。
もちろん二階建ての方がリッチ?な雰囲気でした。
どちらも料金は同じなので、早めに予約を取ればリッチなコテージに泊まれる、かもしれない。
コテージ内には調理器具や食器が一式揃っているので(炊飯ジャーもあった...)材料さえあれば自炊も可能です。
今回はレストラン「フォレストワン」のディナーをいただきました。
 
252_4.jpg 252_5.jpg 252_6.jpg

本格的なコースメニューでどれもすごく美味しかったです。
わんちゃん用の料理も有り、美味しそうに食べておりました。
 
252_7.jpg
 
食事の後は温泉。一応コテージにお風呂が付いてますが、まぁ折角なので温泉へ。
提携している温泉施設へ車でちょこっと移動しなければならないのですが、ディナーが終わったのが午後9時、色々と支度をして15分程度経過。
で、温泉施設の最終受付がなんと9時半!残された時間は15ふんっ!
見知らぬ山の夜道という事もあり、途中で迷ったりして非常に慌ただしい事になりました。
結局温泉施設に着いたのが半過ぎ。入浴は許可してもらえましたが、10時には締め出されるので急いで入るハメに。
もっとゆっくり浸かりたかった。ここだけは改善して欲しい...
 
わんパラは広大で自然豊かなドッグランを完備し、また専用スペースでは旅の思い出にワンちゃんの走り回る姿を写真に収めてくれます。(但しお値段高め)
うちのワンコは走る事を知らないのでカメラマンさんは撮影に苦労しておりました;;
撮った写真は後日自宅へ郵送してもらいました。
尚、写真撮影のサービスは期間限定かもしれません。
 
252_11.jpg
 
 
八ヶ岳わんわんパラダイス、とても良い所でした。
もしこの辺でまた泊まる機会があれば是非利用したい、オススメの場所です。
長くなったので一旦区切ります~。 →つづき

冬コミ申込完了&クリ退院
2007.08.21 Tue

コミケ73、オンラインでサックリ申し込んできました。
冬は大航海サークル本当に増えてくれると嬉しいですね。
まぁ自分が落ちたら元も子もないですが...。
そろそろ次辺り落とされそうで怖い(((´・ω・`)))


夏コミ新刊「BLUE CURACAO 4 1/2」をご購入された皆様、楽しんでいただけましたでしょうか。
自分の見本誌を見て気付いた事が二つあります。

1.表紙のインクが剥がれてきた
今回表紙に選んだマーメイド紙、うちのプリンタのトナーと相性が悪かった様で
指で強く擦ったりすると簡単に剥がれてしまいます。
恐縮ですが保管の際はご注意ください。

2.12・13ページが開き辛い
酒場マスターがアリアケの情報を話した次のページ、12・13ページがくっついて
いきなり航路のページが開いてしまう本がいくつがありました。
化粧立ち(左側を切って揃えてページを開き易くする作業)できなかった為です。
恐縮ですが1ページずつしっかりめくって読んでください。


冬コミ終わった後に通販やる予定でしたが、気付いたら何もしていなかったので今回やります!!
詳細が決まり次第告知します!(って前にも書いて忘れた記憶が...)

 


☆ついにクリスティーナが退院しました☆

といっても定期的に病院通わないといけないし、薬も飲まなきゃいけない。
激しい運動は厳禁、お風呂やペット美容院も禁止と制限は沢山ありますが、
それでも好きなときに好きなだけ抱けるのは嬉しい、嬉し過ぎます。
死ぬ一歩手前まで逝ったのに、本当に良く頑張ってくれました。
心配してくださった皆様、本当にありがとうございました。

BLUE CURACAO 4 1/2
2007.08.11 Sat

気がつけばコミケまで一週間を切ってしまいました。
本気で終わりません、というかコミケ以外の事も色々終わりません。
逆に精神がオワル/(^o^)?
...誰か時間を売ってください_| ̄|○

 

遅くなりましたが大航海本「BLUE CURACAO 4 1/2」の装丁がほぼ決まりました。
詳しくはサークル情報をご覧ください。
誌名でお気付きの方もいると思いますが、残念ながら時間が足りず半ページまでしか完成させられそうにありません。
それでもうまい具合にキッチリ半ページで話が途切れてくれたのは不幸中の幸いでした。
それでも...それでも時間が足りず、、、トーンは最初のページのみで、残りは線画のみとなってしまいそうです。


サンプル1(トーン入りの初ページ)

※データ消失

サンプル2(以降線画のみ)

※データ消失


そんな感じで無念がいっぱい詰まった本です。
価格は250円を予定しています、半端な額ですみません。
50円玉をもっさり用意してお待ちしております。

 

PS:
クリスティーナは胸の手術傷がまだ塞がりませんが、元気さは取り戻してくれました。
やっと一安心できそうです。

いそがしすぎる
2007.07.31 Tue

ただでさえ原稿終わらないクリス治らない引越しで時間潰されたってのに、不運続きでかなりヤバイ状況です。
今回の大海戦1日も参加できませんでした。
せっかく戦列艦作ってもらったのに全く活躍できずかなり悔しいです。
もし1秒を1円で買えるのならば10時間(36マソ)くらい買いたいものです。
まぁ本当に買えるとしたら1円程度じゃ安すぎると思いますが...。

 

手術に失敗して駄目だと思われていたクリスティーナですが、奇跡的に回復に転じました。
肺の穴が塞がって出血やエアーの漏れも収まり、見舞いに行くと立ち上がってしっぽを振ってくれます。
ただし本来ならば手術の痕(胸部から腹部の切開痕)はとっくに塞がっているはずなのですが、出血が完全に止まっていません。
長時間低酸素状態だった為に傷の回復機能が損なわれている可能性があるそうです。
そして食欲が全く無い為に可哀想な程痩せてしまいました。

そこで来週末より朝から晩、自宅へ戻す事になりました。
家に帰れば食欲が戻るかもしれないという獣医の判断です。
待ちわびた帰宅で嬉しい限りですが、毎朝晩病院へ車を走らせなければならないので正直シンドイです。
それでもクリスの為ならば頑張らなければならないでしょう。
せかっく起こった奇跡を無にする訳にはいきません。

...でも時間が本当になぃ_| ̄|○

 

今日のラクガキ


超久々のラクガキはコミケカタログとは別のカラーサークルカットです。
まだ色無いですが...。
ちなみに前にも書きましたが、今回からリタは鹿革飾ペチコからリンネル製ペチコに変更です。
やっぱりリタが描いてて一番楽しいなぁ。

第25回 大海戦 お疲れ様でした
2007.07.21 Sat

凄まじい遅れっぷりですが、大海戦お疲れ様でした。
驚くことに結果発表の翌日に次なる大海戦が宣言され、マッタリとインド修行もできない状態です。
それでも何とか戦列に乗れるレベルになったので、次回の海戦はもう少しはっちゃけられるかと思います。

さて海戦の結果は公式を見ていただくとして、今回は最初から最後までヴェネ・ネデは押されっぱなしでした。
人数差もさることながら、両国の連携がちょっと足りなかったのが敗因でしょうか。
次回はドコと組むことになるか分かりませんが、良い連携取れるとうれしいです。
それ以前に参加できるかも分かりませんが...。

★ 動画 ★
第25回 大海戦 1・3日目 in Boreas (2007/07/16)
ファイルサイズ:145MB(34分08秒)

※消え去りました

雪の影響でコマ落ち・音ズレが発生した為、途中から音をBGMに差し替えました(ラストバトル除く)。
雪の中の海戦が楽しみとか言ったのは誰だ(´@ω@`)
カスタムスロットに手桶が登録されているにもかかわらずアイテム開いたり、
敵提督の名前を間違えて叫びまくったりするのはご愛嬌で...。


☆ 記念撮影 ☆

 

PS:
いよいよ駄目かと思われていたクリスティーナですが、微かに回復の兆しが見えてきました。
詳しい事は後日改めて書きます。

クリスティーナの手術
2007.07.19 Thu

クリスティーナの手術が昨日の夜始まりました。
遅くても午前0時頃には終わる予定でしたが連絡が来たのは午前5時。
状況は、お腹を開いた事により先天性の(産まれながらの)横隔膜ヘルニアである事が判明。
肺に侵入した臓器を引き戻し横隔膜の再構築に成功。
ここまでは順調に進んだのですが、潰れていた左肺からエアー(空気)がもれていて、
しかもその箇所が医師の手の出せない場所であり、5時間以上懸命に処置してくれたのでしょう。
やむをえず手術を終了したそうです。
クリスティーナは麻酔が切れて半覚醒状態でしたがとても弱々しく、それでも一生懸命呼吸をしていました。
この状況からの回復は奇跡に頼らざるをえないそうです。
奇跡という言葉がこれほど重く感じたのは初めてです。
片手間でもいいので、できたら奇跡が起こるように祈ってください...。

第25回 大海戦
2007.07.15 Sun

クリスティーナが仮退院しました。
仮ではありますが嬉しいいかぎりです。
手術日は18日に決まりました。
調子は良さそうなので、それなりのコンディションで手術に臨めると思います。
日記見てくれている方がたまに励ましの言葉をかけてくれますが、
何とか頑張ってそれに応えてもらいたいです。

 

大海戦始まってます。
今回はヴェネツィア・ネーデルランドVSイングランド・フランス。
戦場はユトランド半島沖とバルト海です。
私の好きな北海で、しかも雪降るバルト海で戦えるなんて嗜好のひと時です。
雪で調達できる水の量がかなり少ないのが辛いところですが...。

1・2日目終わってヴェネ・ネデ連合が押されています。

明日のラストバトルで少しでも差を縮めたいところですが果たしてどうなるのだろうか。
ちなみに↑のSSは2日目ですが、仕事で帰りが遅くなり大型しか参加できず。
当然5人艦隊も組めるワケありませんでしたが、殿さんと二人で敵PC艦隊に追われつつも頑張ってNPC倒しました。
それにしても敵NPC艦隊少なすぎて萎えるなァ...。

今回も動画作ってます。
明日の海戦がおわったらまとめて作るのでご期待ください。
参考になるかどうか怪しいですが(´・ω・`)

引越~し!
2007.07.08 Sun

横隔膜ヘルニアで死に掛けているクリスティーナですが、獣医さんの懸命な治療のおかげで尻尾を振って飛びかかる、とまではいきませんが
二本足で立ってくれるまでに回復しました。
本当に死ぬ寸前だったのにここまで元気を取り戻させてくれた獣医さんの手際、本当にすごいですね。
一時期獣医になろうなんて思った頃もありましたが、X線や血液検査、点滴や酸素吸入等人間に対する処置と変わらない事を動物相手に
サラリとこなしてしまう様を見て改めて感動しました。
恐らく手術をするだろうと思いますが、信頼して預けられます。
大切なペットの命を日々救い続けている全国の獣医さん、本当にありがとうございます。

 
実は昨日引っ越しました。
といっても今まで住んでた家を粉砕してリフォームするための仮住まいですが。
12月に工事が終わる予定なのでそれまでの辛抱です。
辛抱の理由は狭い・ボロい・遠いrtc...
まぁ仮住まいで豪邸に住むワケにもいきませんしね...。
ネット環境は光回線をそのまま移転させたので健在です。


クリスティーナの入院と引越し作業で、ここ5日間ほとんど原稿描けませんでした。
もはやオフセ本はおろかコピー本すら危ういかもしれない...。
とりあえず落とすのだけは死んでも回避します。

命の危険
2007.07.04 Wed

深夜の救急病院から掛かりつけの病院へ移動したクリスティーナ。
そこでさらに詳しく調べると、横隔膜ヘルニアという病気を起こしているそうです。
この病気により本来腹部に収まっているはずの臓器が横隔膜を越え、肺を圧迫して呼吸困難を引き起こしています。
心臓のすぐ隣に腸や脾臓が移動してしまったと思えば、状況の厳しさが分かっていただけますでしょうか。
昨日と比べると酸素吸入や栄養剤点滴のおかげで若干回復しましたが、それでも依然死の危険と隣合っています。
3・4日安静にし、状況を見て開腹手術を行う予定です。

空になったクリスティーナの部屋をチワワのしんのすけがじっと見つめているのが何とも寂しいです...。

救急ペット病院へ
2007.07.03 Tue

今日仕事から帰ると、いつもは飛んで抱き付いてくるはずのクリスティーナが現れない。
見るとベッドでうずくまり、しっぽひとつ動かさない。
呼吸が荒く体温も異常に低い。
何か嫌な予感がしたので、深夜の救急ペット病院へ連れて行き診査を受けると、何と胸部に水がたまっり肺を圧迫しているらしい。
あのまま放置していたら確実にこの世を去っていた。
危なかった...と安心したいところですが、依然危険な状態。
酸素室で呼吸を楽にし、落ち着いたら針を刺して胸部の水を抜き取るそうな。
もはや自分にできる事は何も無いので、獣医さんに全てを託して待つしかありません。
早く元気になって帰ってきておくれ...。

ワンワン
2007.05.27 Sun

それは何の前触れも無く突然やってきた。
親によると2・3日預かるだけか、もしくはそのまま飼うらしい。
私は別に構わないのだけども、家の空きスペースが決して広くはないのでそこだけが心配。
ただでさえクリスティーナのゲージで圧迫されてるのに...。
どうする?アイフル~♪

ちなみに名前は「しんたろう」というらしい。
元々がチワワで小柄なのに、まだ0才なので指2・3本で軽く持ち上げられてしまいます。
体重はクリスティーナの半分以下ですかね。
で、当のクリスティーナはというと...、逃げる。
しんたろうから逃げる。
しんたろうもかなりしつこく追いかける。
いやいや逆だろう。。。
自分よりも小さい奴相手にキミは逃げるのかね...。

そんなワケで今のところ相性はあまり良くないですが、飼うにしても飼わないにしても仲良く遊んでる姿を一度見せてもらいたいものです。
いい写真撮らせてくれー。

 

FEZの公式画像掲示板で面白いマンガを発見したので紹介。

漢は黙ってヘルファイア

「ドラゴンクエスト・ダイの大冒険」大魔王バーンの名台詞と、今が旬な「魔法少女リリカルなのはStrikerS」第8話のネタがミックスされていて、どちらのネタも知ってる自分は思わず吹いてしまいました。
他にもいくつかネタが散りばめられていて、とても良くできた作品だと思います。
私もあんな風に面白いネタ浮かばないかのぅ...。

 

PS:明日、海賊が戦う映画見に行きます。
   __
 ?ノ'∀ン ヒャッホウ
 ノ  ノ ̄
//

クリスティーナの逆襲
2007.02.15 Thu

夏コミの申し込みをすっかり忘れていたので慌てて処理しました。
オンライン申込みでとりあえず登録だけ。
サークルカットは時間見つけて書くしかないのぅ。
最近リアル忙しくて絵描く時間があんまり取れぬ...。
もっともオンラインなので締切りの2月27日まではまだ若干余裕がある...とか思ってると後で痛い目を見る。
ちなみにいつもどおり大航海時代Online本メインで、余裕あったら他に何か作ろうと思います。


今日、出先から帰宅しネットを楽しもうとする...が、なんと全く繋がらない。
ファイアウォールあるいはルータの設定でも狂ったか?と思い試行錯誤するも一向に直らず。

そして数分後「ソレ」は見つかった...。


無残にも噛み切られたLANケーブル。
これじゃネットに繋がらないよなぁ。
最近あんまり構ってないので、彼女なりの囁かな逆襲なのだろうか。
今は代替のケーブル使ってますが、短くて邪魔なので明日新しいケーブル買ってこようと思います。

ヴァーーー

 

最近忙しくてあんまり遊ぶ時間がないので、サックリ遊べそうなFEZ(Fantasy Earth Zero)をプレイしています。
FEZは最大100人が同じフィールドで戦うFPS戦闘ゲームで、特徴の一つとしてレベル差によるハンデがあまりありません。
現在のレベルキャップは40ですが、レベル10程度の方でも腕さえよければレベル40の人に勝てる時もあり、
また何より仲間との連携が大事です。
要するにレベル上げの時間があまり取れない人でも十分楽しめるって事ですな。
戦略戦術も重要で、自軍の思い通りの展開になったときはこの上ない快感が味わえます。

基本無料なので興味ある方は遊んでみてください。
私はDaath鯖のエルソード国に所属しているので、出会ったときは「よろソード\(^o^)/」。


近いうちに戦闘の動画作ろうかね。

毛狩り
2006.12.17 Sun

クリスティーナの毛が伸びてしまったので美容院に連れて行きました、無論ペット専門です。
おねーさんのハサミでチョキチョキ、バリカンでガリガリ。


すっかり毛がなくなって黒いカンガルーみたいになってしまいました。

まじまじと見ると思わず吹いてしまいます(*'д')
毛触りがたわしっぽくて気持ちいいのですが、寒そうなので外へ出る時はサンタクロースになります。

まんざらでもない様子...。

 

都市対抗舞踏大会は昨日最終日を迎え、ラストは私のメイン鯖(半年繋いでませんが)Bijouで行われました。
優勝はフェイヨンでしたが、モロクや他のギルドも頑張りました。
来年こそ勝利で終わりたいです。
もっとも来年ROのサービス続いているか怪しいところですが...。

モロク・プロンテラ・アルベルタでラストの記念撮影。

暑い
2006.06.29 Thu

本日のサイタマ南部は暑いです。
暑さで頭が回らず、なかなか思うように絵が描けません。
いや、描けないというよりもイメージできません。
絵を描くのが上手い人は、あたまの中で物体の構造が手に取るように想像できるそうです。
そして想像したモノをキャンバスに書き出すのが絵を描くことだそうな。
したがってよりリアルにイメージできればそれだけ絵も上手く描けるのです。
あー...暑さで何を日記として書きたいのかすら想像できぬ...。


クリスティーナも暑さでハッハハッハしてます。


ハッハハッハしたあとはグッタリ。


そうそう、クリスティーナがうちに来たときは体重1キロだったのに、今日計ったら2キロ近くになっていました。
やっぱり子犬は成長が早いですね。
早くワクチンプログラム終了させて一緒に散歩に行きたいです。

 

今日のラクガキ


ヴィットーリア。
この前...といっても一ヶ月前ですが、トップ絵用に描いた5頭身の下書きを6頭身に引き上げてペン入れました。
作業の息抜きにちまちまと色塗ってます。
本当はそろそろ大航海本の表紙を作らなければならないんですがね...。

子犬
2006.06.16 Fri

ミニチュアシュナウザーの子犬がついに我が家にやってきました。
思わず抱きしめたくなる子犬ならではの愛くるしい仕草と、黒く渋いそして軟らかく長い毛に被われたボディが素敵なハーモニーをかもし出しています(謎)
カメラ付き携帯で撮ったので画質悪いですがご勘弁を。


今度ちゃんとしたデジカメで撮り直さなければ。
ちなみに「クリスティーナ」と名づけました。
ミニチュアシュナウザーはドイツ原産なので、ドイツ人女性の名前一覧から一番ピンと来た名前を取りました。
周囲からは長くて呼び辛いと非難されましたが、もう「クリスティーナ」で決定です。
サイトにクリスティーナコンテンツでも作ろうかな(*+ω+)


私設コミケのカット描きました。


コレ描いている途中、写真屋で初エラーを経験。


テキストを入力中に突然BSキーが利かなくなり、文字が書き直せなくなったので写真屋を再起動しようとすると、エラーで終了できなくなりました。
仕方ないのでタスクマネージャから強制終了。
その後は問題なく動きました。
コミックスタジオではエラーで強制終了を何度も経験しましたが、写真屋でエラー食らったのは初めてだったのでビックリしました。
やはり完璧なプログラムなど存在しないのか...。

第15回大海戦投票結果
2006.06.14 Wed

第15回大海戦は、カーボヴェルデにてポルトガル・ネーデルランド連合とイングランド・ヴェネツィア連合の戦いとなりました。
今回は残念ながら参加できませんが、両国とも善戦できる様に応援しています(・ω・)b


最近気づいたのですが、顔アップと体の回転機能が追加されたのですね。


これで大航海本の資料集めがかなり楽になりそうです。
わざわざ自分で買って装備しなくても、他の人の情報を調べればOKです(*・ω・)
他にも何か新しい機能は追加されているのではと公式ページを見てみると、自国よりも勢力値の大きな国に亡命できたり、大海戦では数が不利な連合に勝てるチャンスが増えたりと色々追加されていました。
でもよく見るとコレ、先週のアップデートだった...。
もっとマメに情報のチェックをせねば(つД`)

 

さて、明日は我が家に新たな家族が迎えられます。
何と...子犬が来るのですっ!
もう待ち遠しくて仕方がありません。
ペットショップ クーってネットショップで注文しました。
犬種はミニチュアシュナウザーってダンディーな小型犬です。
でも♀だったり。
お値段は77700円。
これでも色々見て回ったらかなり安い価格でした。

犬を飼おうと決めた理由は3つです。
1、自分の運動不足解消。
2、自分の心の癒し。
3、犬のデッサン用。

3が重要です。
大航海本で出す予定の犬(ジャッカル)がどうしても上手く描けず、やっぱり犬は本物を見て(といってもジャッカルは飼えませんが)デッサンするしかないだろうという事で飼う決心をしました。
人間のデッサンなら鏡に移るもう一人の自分を見ればある程度は描けるんですがね...。

今日ペットショップで色々と準備してきました。


寝床にペットフードにトイレに水飲み器具、食器、オモチャと一通り。
コレ置いたらただでさえ狭い家の中がさらに狭くなりました(つД`)

あぁ~早くこないかなァ。

 1   2   3   4   5   6  All pages

Next    ゲーム»
prev « 旅行
logs     過去ログ
Home   トップページ