prev « 同人情報

 1   2  All pages

伊豆犬連れ旅行
2015.11.23 Mon

2014_siz-(1).jpg
ミニチュアシュナウザー:クリスティーナ(下)  チワワ:しんのすけ(右上)

書こう書こうと思いつつも後回しにしていたら、いつの間にか一年が経ってしまいました。
去年のお話なので鮮明に覚えておらず恐縮ですが、犬連れ旅行の参考になりましたら幸いです。


時期は2014年10月、この月は台風18号と19号が日本を横断していきました。
そのうちの大きい方、スーパータイフーン19号と共に一泊二日の静岡犬連れ旅行。

まずは昼食を食べに沼津港へ。
台風接近に伴い、禍々しい雰囲気が感じられます。

2014_siz-(6).jpg

ドッグスは車内で待機していただき、お食事処の立ち並ぶ通りへ。
今回選んだお店は魚河岸 丸天。
残念ながらお店と食事の写真を撮り忘れました;;
入れるまでに20分程待った気がします。このお店に限らずどこも満杯。
いかに昼時とはいえ、この港は台風なんぞ無関係な様です。

お店の名物は、そびえ立つかきあげ。
写真を撮り忘れてしまったので、恐縮ですがグーグル先生の画像をご参考ください。
そのインパクトゆえ手が出し辛いですが、モノが良いのでしょうね。
仲間のモノを軽く摘みましたが、サクサクで味もしっかりしていてとても美味しかったです。
他にまぐろのテールシチューというのも気になりました。しかし私が選んだのは海鮮丼。
港の新鮮な魚を使っているので、美味しくないワケがないですね。


腹が満たされたら港を出発。
このままホテルへ直行する予定でしたが、道中で発見した恋人岬へ寄り道しました。
恋人岬の駐車場で車を降りると、すぐにスマホへ緊急のエリアメールが着信。
「台風が近づいてるのにそんな所に居んな阿呆」的な内容でした。
エリアメールは地震速報以外で受信した事が無いので、無駄に感動しました。

海を眺めるには、緑道を進むことになります。
その入り口には、ここへ訪れたカップル達が、思いを込めて吊るした鍵付きプレートが並んでいます。

2014_siz-(11).jpg

台風で全て吹き飛べ。

緑道はそこそこの長さとそこそこの勾配。犬の散歩には丁度良いです。

2014_siz-(12).jpg

途中で分かれ道があり、一方は愛を呼ぶ鐘へ、一方は海が良く見える富士見台へ続きます。
この日は残念ながら富士見台への道は、工事中の看板と共に封鎖されていました。
というわけで愛を呼ぶ鐘一択。

2014_siz-(13).jpg

知らない人が周りに居たら流石に単身で触れられませんが、この日は台風接近。
身内以外誰も居ないので、意味もなく高らかにゴンゴン鳴らして去りました。


今回泊まる所は、きがるな・・宿、シーガル

2014_siz-(24).jpg

青空を見れば一目瞭然ですが、台風の過ぎ去った翌日の写真です。
ちなみに完全貸切状態でした。最悪の天候でもメリットは存在する様です。

西伊豆に構えるお宿。もちろんワンちゃん宿泊可。
残念ながら宿から海は見えませんが、南国スタイルのオシャレなインテリアは
見ているだけでワクワクします。

2014_siz-(18).jpg

2014_siz-(16).jpg

素晴らしい空間の中で散乱しているのは我々の荷物...。
この奥がお食事処となっております。

お部屋。

2014_siz-(15).jpg


まずは旅の疲れを癒すべくお風呂へ。
浴場は温泉施設と比べると流石に見劣りしますが、湯は紛れもない温泉です。
とても気持ち良うございました。
山梨と箱根の宿泊施設にあった馬油シリーズがここにも置いてあった(*´ω`)

そして待望のお食事は...
1年前の事なので、何を食べたのか忘れてしまいました(つд`) せめて写真が残っていれば...
しかし素晴らしい料理の数々が、フードファイトばりに出てきた事は憶えております。
後半のライスは誰も全く手が出せませんでしたが、なんと夜食用におにぎりを作っていただきました。
こういった心遣いは実に胸に沁み込んできます。

夜には暴風雨が最高潮に達していました。
たまには吹き荒れる外の景色をじっくり眺めるのも良いものです。
普段自宅で台風に遭遇しても、余程の事が無い限り外なんて見ないですからね。


──翌日
朝、犬を連れて少し歩くと駿河湾が一望できた様です。(私は寝てました)
チェックアウトする頃には、台風で損傷した箇所を修復すべく職人達が頑張っていました。
朝食を食べて、お土産を買って(宿の入り口に素敵なグッズが沢山並んでいます)出発。

この日は観光ではなく売地の草むしりという地味な作業がメインだったので割愛。
静岡ご当地ファミレス五味八珍にて昼食を取り、帰路に就きました。

山梨・箱根犬連れ旅行2
2013.09.09 Mon

前回の続き、静岡旅行二日目。
わんパラを後にし、諏訪湖が近いので諏訪大社へ巡礼に行きたい所でしたが、
一般人を連れて行くのも忍びないので(ノーマルな方でも十二分に楽しめると思いますが、何だか、ね...)
向かった先はサントリー白州蒸留所
本当は甲州ワイナリーに行くつもりでしたが、夜にワインをイヤという程飲んでしまったので
コテージに備えてあったお勧め観光スポットよりチョイスしました。結局酒(*╹◡╹*)

253_1.jpg

次の日に必ず胃が爛れるので最近は控えていますが、ウイスキーはもちろんジンやウォッカ・ラム等度数の高いお酒を
よく飲んでいたので蒸溜にとても興味があり、どんな見学ができるのか近づくにつれワクテカが止まりません。

白州蒸留所は「ウイスキー白州ブランド」の他に「南アルプスの天然水」の製造所もあり、お酒が苦手な人でも楽しめます。
が、ツアーの時間が合わず今回はウイスキーのみの見学となりました。
敷地内は工場見学専用のバスが頻りに走り回っているので素早く移動する事ができ、専属のガイドさんも付いてくれます。
流石は大手メーカーの工場ですね。
中に入るとウイスキーの香りで満ち溢れていました。

253_2.jpg

253_3.jpg

下画像の巨大樽上部は透明なガラス張りになっており、モワモワと泡立ち発酵している様を見る事ができます。
じっくりと見たい所でしたが、この発酵部屋の室温は半端なく高かったので早々に撤退。
この前の猛暑では40度を軽く超えていたそうな...。

一通り見学が終わったらお待ちかねの試飲タイムです。
カウンターで三人のバーテンが手慣れた手付きで作るウイスキーグラスを、ツアー参加者が次々と持ち運んで行きました。
始めに白州のハイボールを、次に白州12年のハーフロックを提供され、その後はフリーで好きな様に頼めました。
我々は3杯目に白州のストレートを注文。
尚、12年よりも白州の方が口に合う人が多かったです。樽の香りが苦手な人はそうなってしまいますね。
ウイスキーの他には南アルプスの天然水と、ブランドは忘れましたがサントリーのオレンジジュースを頂けました。
15分程で試飲会は終了し、強制退室となります。

その後は土産物屋を覗いて終了。
ウイスキーボトルが物凄く欲しかったのですが、ちょっと高くて手が出なかったです;;

253_4.jpg


この後は御殿場のパパンの墓を参り、箱根のお宿へ。
今日のお宿はGUAM DOG!

253_5.jpg

南国を連想させるグァムという名が付いておりますが、お部屋は畳の宿となっております。
なんと言っても箱根というだけあり、本格的な白濁の源泉かけ流し湯が堪能できます。
ただしお湯が非常に熱いので(熱いお湯が好きな人でも厳しい)、水を少し足して温度を調整する必要があります。

お料理は腕によりをかけたモノが食べきれない程出てきました。

253_7.jpg 253_8.jpg

わんちゃん用の食事もありますが、こちらは事前に予約が必要。
テーブルマットには愛犬の写真を入れてくれたりと芸が細かいです。

253_6.jpg


屋外にはドッグランを完備。二階の客室廊下から直接行けるのでラクです。
難点は全室禁煙で、喫煙所は外にしかないので夏に行くと蚊などの虫に非常に悩まされます。
それと売店は無く自販機が設置してありますが、缶ビール500mlが600円、缶ジュースは200円と手が出し辛い価格です。
山を3km程下るとコンビニがあるのでそこで調達したいところですが、持込が禁止なので厳しい所です。
まだ出来たばかりの旅館で色々と試行錯誤している段階だと思いますので、この辺は是非とも改善してもらいたいですね。

従業員は皆とても暖かい方々で、犬が大好きだというのがとても良く伝わってきました。
それゆえの外喫煙なのでしょうが...辛い;;
ちなみに宿泊するとこんな感じでサイトに愛犬が掲載されます。
思い出を大切にする良い宿でした。

 

三日目、まずは芦ノ湖へ。
パイレーツシップを眺めました。

253_9.jpg

時間が合わず乗れませんでしたが、ケージ・バギーを用いて愛犬も一緒に乗船が可能です。
ちなみに湖は泳ぎたいぐらい丁度良い水温でした。
目を凝らすと小魚が沢山泳いでいて、波の音と合わせて見ているだけでも飽きません。

その後は静岡の死んだ爺さん家で草むしりをして帰路へ。
新東名は所々汚れが目立ち始めていましたが、流石に時速140㌔走行想定道路は走り易かったです。
一年振りにやってきた駿河湾沼津SAは相変わらずの超混雑でした。

253_10.jpg


途中御殿場で事故渋滞に巻き込まれたものの、それ以外は比較的スムーズに流れ、無事に帰宅致しました。
この三日間は普段の三分の一程度の時間しか睡眠できていないであろうワンコ共は、即刻夢の中へ...。

253_11.jpg

とても充実した犬連れ旅行となりました。

山梨・箱根犬連れ旅行1
2013.09.09 Mon

二泊三日の静岡旅行へ行ってまいりました。
正確には静岡とその周辺(山梨・長野・神奈川)。
犬連れ旅行の参考になれば幸いです。

~ 自己紹介 ~
黒(クリスティーナ:ミニチュアシュナウザー♀) 白(しんのすけ:チワワ♂)

埼玉→静岡周辺を目指し、中央自動車道を用いて初日は半日車移動。
八ヶ岳付近で高速を降りたら山梨名物ほうとうを食し、滝沢牧場へ向かいました。

252_1.jpg 252_2.jpg

乗馬体験や乳搾り、トラクター遊覧車で牧場を回れたりしますが、それほど観光地ィ~といった感じでは無く、
のどかでまったりとした良い牧場でした。とにかく空気が澄んでいて美味しかったです。
搾りたて牛乳を使った手作りアイスクリームが有名らしく、皆美味しそうに食べておりました。
私も食すべく売場に入りましたが、前に並ぶ家族連れが超遅かったのでめんどくさくなってやめた(´ω`)
ちなみにこの牧場はリード付きでわんこも一緒に入れます。専用の洗い場もあり、犬連れに優しい牧場でした。

今日のお宿は八ヶ岳わんわんパラダイス
頭にCRは付かないし、SANYOが運営している訳でもないのであしからず。

252_3.jpg

お宿はとても素敵なコテージです。

252_8.jpg

252_9.jpg 252_10.jpg

荷物が散らかっていて見苦しい点はご了承を...。
8人連れなので4人用を2軒借りました。片方は二階建て、片方は一階建て。
もちろん二階建ての方がリッチ?な雰囲気でした。
どちらも料金は同じなので、早めに予約を取ればリッチなコテージに泊まれる、かもしれない。
コテージ内には調理器具や食器が一式揃っているので(炊飯ジャーもあった...)材料さえあれば自炊も可能です。
今回はレストラン「フォレストワン」のディナーをいただきました。

252_4.jpg 252_5.jpg 252_6.jpg

本格的なコースメニューでどれもすごく美味しかったです。
わんちゃん用の料理も有り、美味しそうに食べておりました。

252_7.jpg

食事の後は温泉。一応コテージにお風呂が付いてますが、まぁ折角なので温泉へ。
提携している温泉施設へ車でちょこっと移動しなければならないのですが、
ディナーが終わったのが午後9時、色々と支度をして15分程度経過。
で、温泉施設の最終受付がなんと9時半!残された時間は15ふんっ!
見知らぬ山の夜道という事もあり、途中で迷ったりして非常に慌ただしい事になりました。
結局温泉施設に着いたのが半過ぎ。入浴は許可してもらえましたが、10時には締め出されるので急いで入るハメに。
もっとゆっくり浸かりたかった。ここだけは改善して欲しい...

わんパラは広大で自然豊かなドッグランを完備し、また専用スペースでは旅の思い出に
わんちゃんの走り回る姿を写真に収めてくれます。(但しお値段高め)
うちのワンコは走る事を知らないのでカメラマンさんは撮影に苦労しておりました;;
撮った写真は後日自宅へ郵送してもらいました。
尚、写真撮影のサービスは期間限定かもしれません。

252_11.jpg


八ヶ岳わんわんパラダイス、とても良い所でした。
もしこの辺でまた泊まる機会があれば是非利用したい、オススメの場所です。
長くなったので一旦区切ります~。 →つづき

 1   2  All pages

prev « 同人情報
logs     過去ログ
Home   トップページ