お別れ会
2018.12.10 Mon

おととい旅立ったクリスティーナの葬儀が終わりました。
葬儀といっても亡骸を焼いて骨を壺に入れて持ち帰るだけですが...
当然、自前でやる訳にはいかないので専門の葬儀屋へ依頼しました。


話は変わりますが、15年ほど前にも私は飼い犬を亡くしました。
小学3年か4年の頃にもらった中型ミックスの雄で、名はハスキーといいます。(名前の由来は長くなるので省きます)
初めて飼った犬なのでしつけの知識が無く、さらに私自身クソガキだったという事もあり、なかなかヤンチャな奴に仕上がりました。
ある日足を怪我してうずくまっていたので、様子を見ようとした所で左目を噛みつかれた事があります。(幸い瞼を縫う程度で済みました)
序列で言えば明らかにママン>ハスキー≧私と認識していたでしょう。
そんなクソッタレ野郎でしたが、クソガキの私には苦楽を共にしたかけがえのない友であり、あの世へと旅立った際には数日枕を濡らしたものです。
そんなハスキーを弔うため、この時もある葬儀屋に依頼しました。
しかし数年後、選んだ業者を後悔します。

2010年4月にニュースで逮捕が報じられ話題となった、埼玉県ペット遺体遺棄事件をご存知でしょうか。
三芳町のとあるペット葬儀屋が遺体処理に掛かる出費を惜しみ、引き取った亡骸を飯能市の正丸峠に不法投棄して荒稼ぎしていた事件です。

ただひたすらにご主人様を喜ばせたいという思いを抱き、命が尽きる最期の瞬間まで全身全霊を込めて愛を振り撒いてきたペット達。
ついにその使命を終え、ご主人様より心の底からの感謝を受けつつ最愛の家族の元から送り出されていったペット達。
そんな子達があろうことか、ポリ袋に詰め込まれ、邪魔なゴミとして暗く冷たい山の中に投げ捨てられていました。
当然捨てられた亡骸には虫が沸き、獣に荒らされ、腐臭を放つ酷い状態だったそうです。
被害を受けた遺体の数は100を越えます。そして私のガキの頃の相棒は、残念ながらその中の1つとなってしまいました。
あの日やってきた詐欺師の顔と、白々しく経を読み上げる声は忘れません。
しかし私が憤らずとも、きっと彼には生涯のうちに禍が降り注ぐ事と思います。

 

という訳で、大切な家族との最後の別れの場は気が動転していたり費用の問題があったりもしますが、出来る事ならしっかりと選んであげてください。
今回はグーグル検索をもちいて近場で☆5最高評価の、愛心ペットセレモニー埼玉を利用しました。
コースは持ち込みの立会い火葬です。
基本1日1件しか受け付けていないとの事でしたが、この時点で好感が持てます。
予約していた朝9時に現地到着。

004.jpg

全体的にこじんまりとした火葬場ですが、余計な装飾を施さないことで少しでも安く利用していただきたい、という思いが込められています。
周囲に住宅は無いので余計な心配はありません。
そして受付から火葬まで全て担当のおじさんが一人で行います。
手始めにクリスの特徴を書類に記すのですが、前日に利用された方は深い悲しみからなのか、とても強い筆圧で書かれた文字の跡が残っていました。
簡単な説明を受けたのちに、形見として毛を少量切って袋に入れてくれました。

そしてついに炉の中へ...

005.jpg

包んだ布や箱と一緒に燃やすものだと思っていましたが、綺麗に焼けるようにとの配慮なのか取り出す事になりました。
当然冷たくてカチンコチンに硬直した身体。重さは生きてた頃とあまり変わらなかったです。
眠った後すぐに顔だけ出して包んだので、最後の最後に再び全身を見れた事がとても嬉しかった。
このポーズをとってソファーの上でよく眠ってたっけな...
花を入れて飾りたかったですが、早朝なので買えませんでした。
まぁインドア犬で花には無縁だったし、好物のゆで卵を2個も入れてやったから許しておくれ。

焼き時間は80分程と言われたので待合室で待機。
この日は大晦日並みの冷え込みだったので暖房の効いた部屋が嬉しいです。
缶やインスタントですがお茶やコーヒー、お菓子が用意されていて、テレビも完備。
メモリアルグッズのサンプルなども展示してありました。
室内には葬儀場に住みついている黒猫が暖まっていましたが、連れてきたチワワのしんのすけに驚いて出て行ってしまいました。スマン。

そうして80分後、焼き上がりの確認をお願いされ炉へ行くと、砂漠で死んで骨だけになってしまった動物のような状態のクリスがいました。
ここが背骨でここが尾骨、シュナウザーだから短いですね。などなど部位を詳しく説明していただきました。
確認を終えると、最後に骨壺に収める準備のため再び待合室へ。
しばらくして呼び出され炉に戻ると、トレーの中には頭蓋骨などの大きな部分はもちろん、米粒大の小さな指先の骨すらも綺麗に整理された状態で並べられていました。
これまでの雑談から動物が大好きなおじさんなんだなぁと感じていましたが、これほど動物の亡骸を細かく丁寧に扱ってくれるものなのかと感動しました。
きっと焼く時もなるべく形を崩さず、かといって焼け残りが無いようにと細心の注意を払ってくれていたのだと思います。
☆5最高評価に納得した瞬間でした。

骨壺には下半身から上に向かって入れていきます。もちろんお箸で。
足、背骨、肋骨、前足、そして喉仏を入れ、最後に頭の骨を入れて封をし、カバーを被せてお終いです。
一連の流れが人間と全く同じですね。爺さんの火葬を思い出しました。

葬儀の所要時間は2時間半でした。
もし移動可能な距離に住んでいて火葬を必要とする機会が...来るのはとても辛い事ですが、その時が訪れたら愛心ペットセレモニー埼玉を検討してみてください。
安心して任せられる良い葬儀屋でした。


スリムアップして帰宅したクリス。
だがしかし、次は安住の地を探さねばならない...

006.jpg