prev « 2016年5月

夏コミお疲れ様でございました&冬コミ申込完了
2016.08.16 Tue

遅ればせながら夏コミ参加者の皆様、お疲れ様でございました。
今年は史上最強の猛暑になるとの情報が出ていたので警戒しておりましたが、
開催三日間は例年よりむしろ涼しく感じました。
それでもやはり暑い事には変わらず、超絶な人混みの中で当スペースへ足を運んでいただいた皆様には、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

新刊は半端になってしまい申し訳ございません...
自分では結構面白いお話が出来たと思っていただけに、最後まで仕上げられなかったのが悔やみきれません。
恐らく来年になってしまうと思いますが、3号機は必ず完全に仕上げたものをアップロードいたしますので、
どうか気長にお待ちいただけましたら幸いです...。


冬コミは申込済でございます。

カットブログ用.png

今回も貴重な頒布スペースを頂けましたら、12月29日木曜日(一日目)に配置される予定となっております。
一日目は他に東方・刀剣も配置されますが、このセットはしばらく揺るがないみたいですね。

ちとちよ本を描き始めてからはカットに「ちとちよ」と記し続けておりますが、
今回の分を描いていて、ふと千代田成分が弱いかな...?、と心配になりました。
私は千歳と同じくらい千代田も好きなのですが、本のタイトルも表紙もカットもずっと千歳をメインに
据えているので、もし千代田を目的に来てくれた方がおられたら...と申し訳無く思ってしまいました。
冬コミの表紙では頑張って二人入れてみようかな、と目論んでおりますが果たして上手く描けるかどうか。
漫画の中身では千代田絡みのネタ温まっております。


最後に、原稿のタイムオーバーにより新刊のあとがきに記せなかった事をいくつか失礼いたします。
尚、ストーリー内容を含みますので、3号機を読まれていない方でネタバレが嫌いな方は、
恐れ入りますがスルーをお願いいたします。

 ↓↓以下ネタバレ注意↓↓

今回で3人仲間が増えました。木曾・長門・瑞鳳です。
木曾は砲雷撃できちんと木曾本が出ていれば、すんなりと加わる流れになっておりました...
4コマでは木曾と千歳をどう絡ませようかと最初こそ悩みましたが、いざ考え始めると
予想外にポンポンとネタが浮かんできて驚きました。

長門はドロップで出た設定になっておりますが、2-4までの海域で彼女が出るマップはありません。
ゲーム内で不可能な事はきちんと理由を付けるようにしていたのですが、
どう頑張っても少ないコマで表現可能な誰が見ても納得できる理由を見つけられませんでした。
提督は資源不足なので戦艦レシピを回すのは無理ですし。
じゃあ他の戦艦にしろと言われそうですが、私が二番目に好きな戦艦が長門なので、
どうしても戦艦枠として加えたかったんです...私のワガママで申し訳ありません。
ちなみに一番好きな戦艦はビス子です。ビス子をあの状況で加えるのは流石に不自然過ぎます(涙)

瑞鳳も同じく2-4までの海域でドロップしません。
彼女は航空戦力の増加を主張する千代田が、提督に無理矢理回させた空母レシピにより誕生した...
という設定でストーリーを考えておりましたが、
(瑞鳳と千代田が対立した際に「私のおかげで生まれたくせに!」的なセリフを言わせる予定でした)
ページ数の関係で省略してしまいました。
余裕があれば4号機のおまけ4コマで瑞鳳誕生ネタを描きたいと思っております。
瑞鳳について調べていた際に、瑞鳳型として見るとちとちよが妹になる事を知ったときには驚きました。
この事はネタとして今後も十二分に利用価値がありそうです。
ちなみに風呂のシーン、瑞鳳の姿を湯気だけでごまかすのは流石に限界がありますね..。
線画だけでなく本がきちんと仕上がっていればもう少しマシになったかと思いますが、
それでも千歳の視力が相当悪くないと普通にバレそうな場面が多々あります(汗)

 ↑↑ネタバレ終了↑↑

あとがき以上です。
おかげさまで三冊目を発行する事ができた千歳クレーンですが、まだ描きたいネタが沢山控えております。
ネタが完全に尽きるまで頑張りますので、未熟者の漫画で大変恐縮ですが、
可能な限りお付き合いいただけましたら幸いです。

コミケ90
2016.08.09 Tue

2016年08月13日(土) 東Q-53b Seaside Shop

21.jpg

あと3日でコミケ開幕だというのに、何の情報も出せず申し訳ございません。
例にもれず原稿の修羅場に身を置いておりました。

今回はギリギリまで終わる目途が全くたたず、正直落とそうかと何度も思いました。
しかし去年の夏、表紙だけ刷り上がって本文入稿できず、ガッツリ資金を削られた思いを二度味わいたくない...
という思いだけがペンを動かし、何とか入稿する事ができました。
線画だけでトーン張ったり等の仕上げができておりませんが、何とか読めるレベルではあると思います。
本当に不甲斐なく申し訳ございません...
機会があればキチンと仕上げたものをアップロードしたいと思っておりますが、
冬コミまでは期間が短く、さらに3を上げるなら1と2も一緒に上げたいので(こちらも多少手直しをして)、
仕上がった3のアップロードは来年になると思います。
なので仕上がってなくても早く続きが読みたいという方は、是非お手に取って頂けましたら幸いです。
(印刷に割増特急料金が加わってしまった為、一冊でも多く売れると涙が溢れます...)

内容はいつも通りのちとちよと、砲雷撃で出せなかった木曾合同誌用の原稿に
ちとちよ成分を増やして作り直した4コマが加わっております。
本文24P、価格は300円を予定しております。
コミケ二日目に参加をご予定の方でちとちよ島近辺にお越しの際は、是非お立ち寄りいただけましたら幸いです。
prev « 2016年5月
logs     過去ログ
Home   トップページ