Next    2012年11月»
prev « 2012年9月

協力プレイっ!その2
2012.10.18 Thu

運営は昨日の惨状を重く見たのか夜に鯖調整のメンテが行われ、テストを兼ねて再び協力プレイが解放されました。
メンテによってローズ鯖で中断されたクエストデータが破棄されたとの事で、お詫びのAP薬が一個配布されます。
さらに昨日同様、協力プレイに参加すると薬一個もらえるとの事で合計二個薬ゲットです(*'ー')+
最近きちんとお詫びを配ってる辺り、運営は心を入れ替えたのでしょうか。・・・いや、判断するにはまだ早い。

そんな訳で二日連続のまどマギ協力プレイ日記。
早速インしてみると、驚くほど快適にプレイできました。
初めて運営を褒めたいと思った瞬間です。まさかこんな日が訪れようとは・・・。
三十分後、昨日と同じ激重状態になりました。
一時間後、昨日よりも重く、しかも高頻度で切断されるようになりました。
まぁ・・・なんだ、改善しようとする姿勢を見せただけでも評価すべきだろうか、ココの運営に限っては。

重く何度も切断されながらも良さそうなルームを探し、人員の空きを確認してクリックすると「満員です」表示され入れず。
仕方がないので空室でルーム作って待機しようとすると、空室なのに「クエスト中です」言われて入れず。
どないせいちゅうねん(´・ω・`)

途中で面白い部屋を発見。

240_1.jpg

「誰でもどうぞ!」と誘っておきながら、鍵が付いていて入れないという何ともシュールな光景。
まぁルーム名付けるの面倒だったんでしょうね・・・。(「誰でもどうぞ!」はデフォルト部屋名です)

その後、何度かルーム作成にトライし、何とか部屋を作成し、何とかメンバーが集まり、何とかクエストを開始できました。
今回はHARDモードに挑戦したかったのですが、あまりにも切断が酷過ぎる事を考慮してNORMALモードを選択しました。
昨日のEASYよりはボスの強さはもちろん、マップの構造もより凶悪なモノになっているでしょう。
と思ったら昨日と全く同じマップでした。
トランポリン(と見せかけてバネだった)に乗って孤島へ飛び、スイッチを押してボスへの扉を開ける仕掛けです。
孤島はこんな感じ。


すみません、面倒になってしまい以降画像内のキャラ名の加工を省いてしまいました。
ご本人様で問題がございましたらご連絡をお願いいたします。
皆様とてもノリの良い方達で、切断されながらもとても楽しい時間を過ごせました。
機会がありましたら是非またご一緒に!

240_2.jpg

さて孤島ですが、まず右の赤いスイッチを押して目の前の扉を開け、次に左の緑ボタンを押すとボスへの扉が開きます。
当然ながら赤のスイッチを押しに向かうとUターンはできないので、あとはフリダシに吸い込まれるしかありません。
ピンポイントで踏めるとしても最低二回は孤島へ飛ぶ必要があります。

扉が開いたらボスとの対決です。
他のプレイヤーが戦う様子は、簡易的ですが画面上部で見ることができます。
チクチク突いた後に総与ダメージが表示され、ボスのHPである緑のゲージが減っていきます。

240_3.jpg 240_4.jpg

ゲージをゼロにできれば勝利!なのですが、通信が上手くいっていないのかバグなのか、残りゲージが半分にもかかわらず
いざ戦ってみると敵のHPが満タンだったり、倒し切れずにターンが終わったと思うと倒せていたりと、挙動がおかしいです。
まぁ昨日も書きましたが、他の人と遊べてこそのオンラインゲームです。
ゲージが合っていない程度の事は今は目を瞑りましょう。
それよりもサーバをだな。。。

戦いの後はお待ちかねのサイコロ報酬タイム。
昨日撮りそこねたので気合い入れて撮ったものの、得たものはゴミだった。。。

240_5.jpg 240_6.jpg

???は昨日同様に高級たわしでした。
たまにSS武器とか出たら盛り上がる事間違いないんですけどねー(チラッ

240_7.jpg

240_8.jpg 240_9.jpg

与ダメボーナスの経験値は、繰り返しプレイするとなると結構馬鹿にできませんね。
現状では繰り返す事なんてまず無いと思いますが。(それ以前にレベルキャップ解放してくれないと経験値が無意味)
フレンドボーナスってのは何なんでしょうね。
フレンドと一緒にプレイするとゼニが増えるのかな?

といった感じの第二戦でした。
AP薬がもらえるのでプレイしましたが、やはり報酬が乏しいとこの先やる気が出ませんね・・・。
仮にビッグな報酬かつサクサクプレイできれば間違いなくまどマギオンラインは化けると思います。
とりあえずは明日のサーバ調整メンテに期待です。

協力プレイっ!
2012.10.17 Wed

239_1.jpg

アルティメットまどかが描かれた貴重そうなカード。
弓の単体必殺技ですが、なぜ、なぜSSにしなかったんだ・・・。
S弓単体技はもう何枚破り捨てたか分からないのに、今更こんなん出てもどうしようもないです。
しかも二枚。。。

239_0.jpg

まぁとりあえず装備してるんですけどね。
もちろん発動率とか攻撃力は既存のS弓技と何ら変わらないと感じております。


そんな事よりも今日は待望の協力プレイ実装日です。
オンラインと名が付いているにも関わらず、オンライン要素が皆無のまどマギオンライン。
度重なる失態で順調に顧客も離れており、異例ともいえる早さでカムバックキャンペーンを開催するなど、
余裕の無さが伺える運営サイドですが、果たして協力プレイは起死回生の切り札となり得るのだろうか!?

とりあえず試しに一戦。
全体的な流れが知りたかったので、不慣れながらルームを作成して出撃待機。

239_2.jpg

非常に分かり辛いインターフェイスで、特にチャットの入力方法が分からなかった人も多いと思いますので
(ツイッターで困っておられた方がいたので)やっつけながら画像を作成しました。

とりあえず人数は集まったものの、一人反応が無く(恐らく通信エラー)しばらく待っても戻られなかったので
三人で出発しました。(スレの解析班よりEASY・NORMALのボスは強くないと伝わっていたので)
いざ結界へ。

239_3.jpg

2?1面(一番簡単なトコ)は十字マップで、途中配置されているトランポリンに乗るとマップ右上の孤島へ飛びます。
孤島にはボス手前の扉のスイッチがあるので、それをポチっと押せば戦いへの道が開かれます。
が、コレがまた全然押せない!
メンバーが三人だった事もありますが、まずトランポリンになかなか乗れず、運良く飛ばされても途中のスイッチマスに
ピタリと止まらなければスタート地点に強制送還されてしまいます。かなりシビアです。
当然ながらボスと対峙するのに手間取れば、仕掛けられている様々なトラップによりHPがガリガリ削られていきます。
20ターンくらいかかったかな・・・?
ボスにたどり着く頃には三人のHP平均が50%まで減らされました。
先にも述べた通り、ボス自体はさほど強くないので勝つことができましたが、HARDモードのボスとかは
相当苦労するんじゃないですかね・・・。


239_4.jpg

ボスを倒すとお待ちかねのサイコロ報酬タイムです。
サイコロタイムはポップな感じで可愛かったですが、残念ながらスクショ撮り損ねてしまいました。
出目の1?5はチケットが数枚や、噂のたわしなどゴミといってもいい報酬で、まど神目は???が表示されていました。
あろうことか自分以外の二人はまど神目を出し、自分はたわしゲット。。。
ソウルジェムが濁りかけたところで、???の報酬が高級たわしだった事でジェムが浄化されました。
何とも言えない気持ちとはこの事でしょうね。

といった感じの協力プレイでした。
人と協力してプレイするのは本当に楽しいと痛感しました。
やはりオンラインゲームはこうでなければなりません。
ただ、初日という言葉で片づけるなと言いたくなるぐらいとにかく重く、通信エラーが半端なかったです。
止まっても再起動すれば大抵は直るらしいですが、切断時に5ターン以上スキップされてしまうと復帰できなくなる様です。
つまりは貴重なAPが消えてしまうと・・・。
この様なリスクを背負ってクリアしても、報酬がたわしじゃあねぇ・・・。
HARDモードの報酬が気になるところですが、私の強さでは到底勝てず無関係と言っても過言ではないので、
またみんプレ作業を延々とこなすしか無い様です・・・。
まぁ後期は密かに100位以内狙ってるんですけどね・・・('?')



ってか、たわしって何だよ・・・
支配人の関口宏です!

239_5.jpg

楽しかった、まどマギオンライン
2012.10.10 Wed

久々のまどマギ日記。
日記用に色々とスクショ撮っていたものの、載せ損ねて旬が過ぎてしまい、今更感満載な画像が溜まってしまったので
思い出のアルバム(?)という事で活用したいと思います。
ツイッターで呟いたモノが多いですがご了承を・・・。

画像の数が多いので、普段よりも小さくサムネイルを設定しました。
見辛い画像はクリックで元画像が表示されます。


238_1.jpg 238_2.jpg
爆死マップで有名な4?5面。
なまじHPが高いだけに、全てのトラップに引っかかっても無駄に生き残ってしまった・・・。
当然瞬マミ。


238_5.jpg
特殊クエストが実装され、1面を難なく撃破し意気揚々と2面へ。
敵の強さが打って変わり、HPを半分も削れずジ・エンド。
あまりの糞バランスとSS持ち以外お断りな仕様に激しい憤りを覚えた。
先のレベルキャップ解放で武器の強化とレベルアップを行い無念を晴らす。


238_6.jpg 238_7.jpg
ガチャから出た獣耳。
可愛いなぁ何の耳だろう、と思いつつ装備したらグレムリンの耳だった。
髪を黒くすると多少マシに。


238_12.jpg
もはや何も語るまい。


238_13.jpg
新マップ実装。
当初は爽快感があるマップだなぁと感動するも、背景の重さに処理が追い付いておらず感動は吹き飛んだ。
何やら色々と弄ると背景を消せて軽くなるそうな。


238_14.jpg
イベントで手に入れた羽と、直前にガチャから出たホワイトビギナーがベストマッチ。
髪を白くし、しばらく白薔薇の魔女を名乗った。


そして現在に至る・・・。
サービス開始当初はAP薬飲みまくってみんプレで限定チケ稼ぎまくっておりましたが、20000枚以上消化しても出ない
SS武器に無意味さを感じ、現在は一切課金しておりません。
正式サービス開始から一か月が経ちましたが、ゲーム内容的にも到底課金できる代物ではありません。
にもかかわらず、本日のアップデートは無課金者の完全排除を念頭に置いた内容。
みんプレ無課金者お断りは100歩譲って、せめてレベルキャップの解放をしてほしかったです。
これならみんプレせずともレベル上げと素材集めで、ゆっくりではあるものの少しづつ強くなり、
勝てないボスにも勝てる楽しみが残されていました。
屑運営の度重なる暴挙に耐え、原作愛だけで何とか続けてきたまどか☆マギカオンラインですが、
そろそろゲームをクリアできそうです。

ブログリニューアル完了!
2012.10.05 Fri

5月29日から開始したブログの大幅改装ですが、本日をもって完了を宣言したいと思います。
旧ブログからの過去ログ追加や、使わないトラックバック機能の完全撤去など、他にも追加修正したい事が
山ほどありますが、それらを全部終わらせるとなると恐らく来年までかかってしまうので、とりあえず最低限必要なモノ
(サイトデザイン、About・Circleページの作成、pixiv倉庫)が揃ったので、ひとまずリニューアル完了とさせてください。
ちょこちょこと様子見に来てくれた方は気付いているかもしれませんが、Aboutのリニューアル日が9月30日から
徐々に増えていっている様を見て、苦戦しているんだなぁと思ってくださったのであれば幸いです。
バナーも新調して、シレーヌも生まれ変わって、埃かぶってたtwitterとpixivも完全稼働させて、これだけやれば
現代の絵描きサイトと胸を張って名乗ってもいいですよね・・・

pixivに関しては、旧サイトで設けていたギャラリーページ代わりとして活用いたします。
pixivの方が管理がしやすいですし、何より色んな方に見ていただけるのが嬉しいです。
とりあえず旧ブログの頃からギャラリーページに載せていなかったイラストを片っ端からアップロードしました。
再投稿に5分かかるので、その間に日記書いておりましたが、途中で眠ってしまいました(´△`)
描きたいモノが色々とありますがなかなか時間が取れずにおりますので、一段落付いたら片っ端から描いて
アップロードしたいと思います。

といった感じでリニューアルしたSeaside Shopですが、時代の波に置いてかれない様頑張りますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


余談ですが、サイトをリニューアルしていく過程で色々と学んだ事があるので書き記したいと思います。
主にサイト作成においての(私だけかもしれないですが)知っているようで知らない常識やタブーなど。
気が付いたら長々と書いてしまったので、興味ない方はUターン!

タイトル画像右下の「This site is written in Japanese language」に関して。
これは読んで字のごとく「当サイトは日本語で書かれています」という意味で、やってきた外国人へ
「日本人向けのサイトですよ?」という旨を表す文ですが、この表現を「This site is Japanese only」と
記載してしまうと「日本人以外、断固拒否」という意味になってしまい、訪れた方に不快感を与えてしまいます。
加えて大抵セットで頭に「Sorry」が付けられており、謝罪しつつ牽制するという意味不明な事に。
更には日本特有の全角文字で「Sorry This site is...略」と書こうものなら、閲覧する外国人には文字化けして
解読不能となってしまいます。(ある意味こっちの方が幸せかも・・・?)
そんなワケで「Sorry, This site is Japanese only」をサイトに記述している方は今すぐに変更しましょう。
japanese onrryでググれば適切な文が色々と記されているので、お好みのモノをチョイス!
加えて私は文字化け対策で文字を画像に変換しました。(ただし画像が読み込めなかったらアウト・・・)
やー、This site is Japanese only のつづりを確認でググっていなかったらと思うと背筋がゾっとしますね(死)

「リンクフリー」に関して。
ご自由にリンクしてください、許可は不要です。という意味合いがありますが、世界的に見てこの様な記述を
しているのは日本だけだそうです。(そもそもリンクフリーという言葉自体が和製英語だそうな)
インターネットとは、それぞれが公開している情報の共有を行うためのもので、各人が自由に閲覧でき、
そして自由に参照(リンク)できるのが本来の姿です。
したがって記載するまでもなく、全てのウェブサイトはリンクフリーなのです。
逆にリンクに許可が必要なのは何故だろう?
特定の人にだけ公開したい情報がある→認証機能を付けましょう
あまりリンクしてほしくない恥ずかしいモノがある///→なんで公開しているんですか?Mですか?
というワケで、リンクの拒否や許可を必要とするのはインターネットの趣旨からズレてしまうので止めるべきでしょう。
リンクを張るのに相互リンクを強要するのも同じです。
ちなみにフリーといっても、リンク先を中傷するページを作成するのは明らかにモラルの低い行動です。
無意味な引用や、あからさまに悪意のあるページでの参照は法的に罰せられる可能性もあるので控えましょう。

またリンクフリーと似ているものの全く違う、画像への直リンク(画像のURLを直接入力してリンクする)に関しては、
画像を公開しているサイトのサーバを攻撃するのと同じ行動になるので絶対にやめましょう。
どこから直リンクされているのかは調べればすぐに分かるので、最悪アクセス禁止措置が発動する場合もあります。
ただしバナーだけは直リンクを希望するサイト様が多いです。(うちもバナーは直リンク希望)
というのも、直リンクでない場合バナー画像を変更する度にリンクを張ってくださっている方に、再度バナー画像のDLと
設定をお願いする事になり、自他共に非常に面倒な手間が出来てしまうからです。
その点、直リンクならばサイトの画像を差し替えるだけで済みます。
容量の小さいバナー画像ならば、多数の人から直リンクされても負荷は気になりません。
といってもやはり人それぞれなので、サイトのリンクページの説明に沿って設定すべきでしょう。

話を戻してリンクフリー、わざわざ記載する必要はないとは書きましたが、中にはリンクしたいものの勝手に張っても
良いものだろうかと考える人がいるかもしれませんので、そんな方々へ安心してリンクを張っていただける様に
一言リンクフリーと記述するのも良いと思います。

といったところで余談終了。
うぅむ・・・本題より余談が長々となってしまうのどうしたものかな('ω`)
直リンクの件はネット利用者の大半が心得ている事だと思いますが、旧サイトでいくつか直リン受けていたので
あたらめて話題にさせていただきました。
他にも色々と知って驚いたサイト作成における常識等ありますが、長くなってしまったのでまたの機会に。

Next    2012年11月»
prev « 2012年9月
logs     過去ログ
Home   トップページ