Next    2011年6月»
prev « 2011年4月

生命の泉
2011.05.24 Tue

パイレーツオブカリビアン4見てきました(*'ー')+
映画館へはエイリアンVSプレデター2以来ですが、やっぱり大スクリーンと音響整った所で見ると格別ですね。
3Dメガネを初めて使いましたがなかなか面白かったです。
字幕が見辛かったのと、私普通にメガネかけてるのでダブルメガネも地味に辛かったです。
とりあえずは面白かったー。


以下ネタバレ。


今回の敵は黒髭ことエドワード・ティーチ、歴史に実在した人物です。
作中ではイカ男ほどの現実離れした能力はなく、生身の人間なので不死身でもなし。
ただし、反乱を起こした船員全員を瞬時に吊し上げたり、陸から自分の船を遠隔操作できる等の特殊能力を持っています。
これでも十分現実離れしてるか...。
極悪な海賊船長が持つ威圧感と剣術の腕は説明するまでもありません。
船には火炎弾、というより火炎放射器と表現すべき装備が備わっています。

今回は(というよりおそらく今後ずっと)一番好きなウィル・ターナーが出ないので、
二番目に好きなバルボッサの活躍に期待して見ました。
彼ほど海賊船長の肩書が合う人物はいないと思っていましたが、
蓋を開けてみれば英国の犬に成り下がってしまい、おまけに片足も義足。
果たして彼に何が起こり、そして彼の目的は何なのか。
そしてジャック・スパロウのコメディは光るのか。
それは映画館へ足を運んだ者のみぞ知る...。


最大のネタバレ。


今回大砲一回も撃ってなくね?
バルボッサの英国艦とスペイン艦隊が遭遇したとき派手な砲撃戦が始まるかと期待したのに...。
あと人魚怖すぎ、ょぅι゛ょが見たらトラウマになりそう。

Next    2011年6月»
prev « 2011年4月
logs     過去ログ
Home   トップページ