コミケ76その3 新ソフト導入
2009.08.27 Thu


大航海時代オンライン アンソロジー企画


夏コミから既に十日経ってますが、やっとコミケネタの続きを書ける時がきました。
今回で最後です。

サークル参加の二日目、ちゃるタンのLizさんたこすさんが遠征から帰ってくると
戦利品と共になにやら箱を抱えてきました。
CELSYSの販売ブースで手に入れた「IllustStudio」だそうです。
愛用のマンガ製作ソフト「ComicStudio」を販売しているCELSYSが満を持して出したペイントツール。
パンフレットを見せてもらうとまぁまぁ良さそうな感じで、さらに今ならコミケプライス6,000円、
更に2,079円の公式ガイドブックがタダで付いてくるそうで、これは買うしかないと販売ブースへ向かいました。

財布を片手に問答無用で店員に「IllustStudio一個ください」と一言。
返ってきた言葉は「サーセン売り切れました」・・・なんとマジですか!?
一瞬途方に暮れるも、続けて出た店員の言葉が予想外でした。
「明日も入るので取り置きしておきますか?」
入荷するが数が少ないとの事で気を効かせてくれた対応でした。
まさかコミケで取り置きをお願いする事になるとは。

翌日、例によって地獄の始発電車に乗り、売り子に頼まれたモノを購入。
10時半頃に販売ブースへ行くと、昨日の店員が私の顔を見るなり
紙袋に詰められたセット一式を手渡してくれました。
「こんなに早くいらっしゃるとは思いませんでしたよ!」
・・・(コイツ余程欲しかったんだろうなぁ)と思われたに違いない。


という経緯で手に入れたイラストスタジオです。


早速インストール、バージョンアップして起動。
試し描きはアンソロ用のイラストです。


ちなみに何故コミケネタその3が遅れたのか。
アンソロの対応もありましたが、こいつで絵を描くのに手間取っていたからです;;
それはさておき感想、描き方をかなり細かく設定できるので使いこなせれば面白いと思います。
ただその分動作がちょっと気になる程度に重いです。
マイPCのスペックは32ビットでC2D+メモリ3Gなのでこれ以上上げる事はできません。
快適に描くには64ビットにするしかないですね。
丁度ウィンドウズ7も出る事ですし、良い機会かもしれません。

イラストスタジオで評価できる点として、数多くあるウィンドウが良く纏まっています。
自分の使いやすい用に自由にカスタマイズすることも可能です。
コミスタだと散々としていて、トーンを張る時なんてもう醜いものです。


5.0で改善される事を祈ります。
着色。


コミスタなインターフェースで着色してると違和感を感じました(まぁ仕方ないですね)。
大いに不満がある点がひとつ、画像補正等でスライダーを動かしても、
離すまでプレビューが更新されないのはいただけません。
早急に改善してもらいたいです。
他にも使い続ければ改良の余地が出てきそうです。
とりあえず慣れるまでしばらく使い込まなければ。