Next    2009年6月»
prev « 2009年4月

飲み歩きシリーズ
2009.05.31 Sun

こんにちは武田くろです。
ネタは色々と溜まっているのですが、日記を書く時間がなかなかとれなくて悔しい思いをしております。
今回は溜まったネタの一部を放出させていただきたいと思いきや、溜まったネタではなく突発的なネタをひとつ。


ニコニコ動画において「飲み歩きシリーズ」と検索すると、とある酒乱のアメリカ人が世界各地の酒を制覇するという番組がヒットします。
コレ、酒好きにはたまらなく面白いと思います。
ビール・ワイン・ウィスキーは元より、ヴェネツィアのグラッパやフランスのシャンパン・日本酒など、
世界各地の有名な酒を酔っ払い馬鹿全快で紹介してくれます。
これ見るだけで酒の肴はいらないです。
酒乱の私イチオシです。酒乱の方は是非見てください。
ちなみにわたしは最近ビールが7割、ラム酒3割程度で飲んでおります(混ぜてるワケじゃないデスヨ!)


折角なのでオススメのひとつを紹介したいと思います。
(うまく張れるかな...)



ドイツのおにゃのこは可愛いし乳でかいのぅ...

キミはラム酒という酒を知ってるかね?
2009.05.19 Tue

今日は休みなので、久々に朝から腰を据えて大航海を堪能しようと思ったら...
メンテでした?わぁ?(ノ*'ー')ノ
そして大航海のメンテとFEZのメンテは同じ日なのでイラっときます。
もっとも大航海のメンテはわずか3時間で終わるのでまだ我慢できますが。
そんなワケで日記でも書いて時間を潰したいと思います(死)

 

今日のネタは昨夜飲んだラム酒。

ちなみにラム酒というのはさとうきびを原料に作られたカリブ原産の蒸留酒で、
大航海時代においてはカリブ海賊はもちろん、保存性能に目をつけて航海者が水代わりに飲んでいたそうです。
18世紀にはイギリス海軍の支給品にまでなりました。
大航海時代onlineにおいてはイベリア・カリブ・そしてインドと幅広く酒場メニューに加わっており、
いかにラム酒が大航海時代の航海者の喉を潤してきたのかが分かります。

余談ですが、私はラム酒片手に大航海を遊ぶのを至高の一時としています。
そして酔っ払ってくると商会員に向かって
「キミはラム酒という酒を知っているかね?」と上記の知識を語り始めるそうです。


それでは遅ればせながら昨夜飲んだラム酒のご紹介をば。

左から
・キャプテンモルガン ブラックラム
17世紀にカリブ海で活躍したイングランド海賊「ヘンリー・モーガン船長」をイメージして造られたラム酒。
ダークラムならではの深い香りと、ほのかに感じる甘みが絶妙。
マイヤーズ・ダークラムを飲み慣れているせいか、買ってきた中で一番美味しかったです。

・キャプテンモルガン スパイストラム
こちらがキャプテンモルガンシリーズにおいてスタンダートな模様。
厳選された数々の果物とスパイス、そしてバニラで香り付けがされています。従って好みが分かれそうです。
風味自体は悪くないと思いましたが、ちょっと甘ったる過ぎるなぁと感じました。

・エルドラド デメララ ゴールドラム
大航海時代に伝説として語られている「黄金卿エル・ドラード」、その名を冠したラム酒。
甘すぎず辛すぎず香りも単純にラム酒、万人受けしそうな勇者タイプ。
とても滑らかな口ざわりでした。


それともう一本。

・ロンリコ ホワイト
クリストバル・コロン提督が持ち込んださとうきびで造られている、ロンリコ社のラム酒。
カリブ海賊の荒々しさを微塵も感じさせない、やわらかでマイルドな味わいのホワイトラム。
写真撮り忘れてしまい後で慌てて撮ったので、少し中身が減っております。


以上です。
普段はマイヤーズ・ダークラムを飲んでいるのですが、売り切れていたので試しに色々買ってみた次第です。
貴方もラム酒片手に大航海を楽しんでみてはいかがかな。
※お酒は二十歳から
 それとラム酒は翌日に残りまくるので、くれぐれも飲みすぎにご注意を。

乞食(ノ´・ω・`)ノ
2009.05.06 Wed

今更ですが↑フレーム絵を冬仕様から夏仕様に変更しました。
冬コミ終わってからもう半年も経つんですねぇ。
そして締切という現実が一歩また一歩と...。

 

PS3版の大航海時代オンラインが開始されてから、Boreas鯖では目に見えて人口が増えてきました。
鯖選択画面で一番上に存在するので、やはり最も選択されやすいのですかね。
久々にリスボンに入港すると、深夜二時にもかからわずこんなに人と御座で溢れかえっていて驚きました。


旧鯖住民からすると「何だこの程度か」と思われるかもしれませんが、Bore鯖でコレはかなり感動モノですよ。
当然ながら初心者マークが多く、果たして何人が継続課金するかも分かりませんが
少ながらずBore鯖が活気付くと思うので今後がとても楽しみです。

 

さて現在はカイジ修行真っ最中です。
最終修行場のロッブリー・パタニ間に沸くアユタヤ傭兵艦隊と日々死闘を繰り広げております。


こいつらは北欧型重ガレーに乗っています。北欧からわざわざやってきた傭兵なのか?
それはさておき、かなり強烈な砲撃をかましてくるので気を抜くとあっさり沈められます。
救いは水平射撃を使ってこないので、インファイトに持ち込めば被弾しません。
当然大砲や補助帆等の船部品損傷も早いです。
大砲はいつも自作のカロネード砲を40基程持っていくのですが、少し篭るとすぐに全部無くなってしまいます。


ある日一緒に艦隊を組んでいた人が街中でしきりに探索を発動していたので一緒にやってみると...
壊れかけで捨てられたカロネード砲がボロボロと拾えました。


当然ながら壊れかけなので使えないものばかりですが、


中にはまだ実用的な耐久が残っているモノも。


たまにこんなのとか拾えたり。


コレ捨てるとか、どんな豪商やねん(´・ω・`)


かれこれ200基近く拾いましたが、いまだに取り尽くした感がありません。
拾う量より捨てる量の方が多いのかな?
おかげでレベル60から62まで無帰郷で上げる事ができました。

レベル62になると、砲撃と白兵に定評がある「ラ・ロワイヤル」に乗る事ができ、
いよいよ白兵修行を開始する事ができます。
ただ、ロワイヤルはフランスに亡命しなければ造る事ができず、今必死にベルベ織って造船持ちサブの亡命用名声を稼いでおります。
フランスへの亡命だけなら全然余裕でできますが、上位亡命で戻る事も考えると合計名声が最低215000必要です。
サブキャラでそれだけ稼ぐのはかなりダルイです...。

Next    2009年6月»
prev « 2009年4月
logs     過去ログ
Home   トップページ