大海戦inヤッファ
2006.02.05 Sun


大海戦へ参加された方々、お疲れ様でした。
Zephyros鯖ではヤッファが決戦の地となりましたが、戦力差をカバーするためにイングランド・ネーデルランド連合軍はアテネへ布陣を取りました。
対するポルトガル・フランス連合軍はカンディアからの出撃です。
ポルトガルにとっては今回が初のクラス別大海戦なので気を引き締めて戦いに臨みました。

今回小型クラスの戦いは見送り、中型・大型クラスにて戦いました。
中型では火力・耐久力に優れた強襲用重キャラベルをチョイス。
しかし耐久が最大であっても、キャノン砲の横撃ちコンボや機雷とのコンボであっさり沈んでしまう状況。
戦闘中は一瞬たりとも気を抜くことができませんでした。
大型ではいつもどおり戦列艦で出撃。
機動力と火力を用いてエキサイティングな戦いが楽しめました。

三日目の大型クラスでは久々の新風を体験。


三日間の戦いの結果はポルトガル連合軍の辛勝で幕を降ろしました。


ハーレム艦隊頑張った(*・ω・)


みんなで記念撮影。

 

さて、今日の大海戦ではハプニングが発生しました。
三日目にフランス同盟港のベイルートにおいて、ポルトガルの個人による150Mの投資が行われたのです。
海戦終了後の会議でこの出来事に対しフランスからクレームが出されました。
怒られるのは当然でしょう。
ポルトガルの勝利に貢献したにも関わらず、フランス唯一の同盟港であるベイルートを攻撃をされたのですから。

フランスはポルトガルのためにカイロ・カーボヴェルデ、そして今回のヤッファにおいて死力を尽くしてくれました。
一時期ボロボロであったポルトガル海軍が持ち直すことができたのは、他ならぬフランスのおかげでしょう。
その恩を忘れてはいけないと思います。

なお会議でも発表されましたが、ベイルートへの投資はポルトガルの総意ではない事をここに記しておきます。

 

新港投資予定資金  現在 138M
(4・5・6日の儲け なし  支出 大海戦準備資金 3M)

投資予定港      アクラ・ドゥアラが補給港みたいなのでどうしようカナ...。